« 失敗体験が成長につながる | トップページ | 金太郎飴のような地方創生は成功しないのでは »

2018年4月10日 (火)

7年ぶりの再開

   今日は小学校の入学式ですが、先週のニュースで↓

http://news.nicovideo.jp/watch/nw3414617

   7年ぶりの学校再開。復興までの道のりは本当に苦労多く長い時間であったと思います。避難先の学校は冨岡小学校から60キロの距離。先週入学した新一年生はそもそも冨岡町で生まれ育っていないのです。たまたまラジオで校長先生(一人の校長先生が両校の校長を兼ねているそうです)の話を聞くことができましたが「学校が別れてからも運動会や演奏会、できたら学習発表会等の学校行事は合同で行いたい。冨岡小学校に転校・入学する子供達はまず冨岡の町を知ってほしい」と話されていました。
 60キロの距離のなかでの交流。大変でしょうが続いてほしいと思います。震災さえなければ祖父母と孫が一緒に暮らし近くに住みいつも顔をあわせられていたものが…7年ぶりの開校、本当に嬉しいニュースでした。

   地元で暮らし地元の小学校に皆で通う、普通のことがとても幸せでありがたいことなんだと、そういう気持ちを持って今日は小学校の入学式に出席させてもらいます。午後は鳴滝高校の入学式にも。明日は農業大学校(諫早市)の入学式にも出席させていただきます。

|

« 失敗体験が成長につながる | トップページ | 金太郎飴のような地方創生は成功しないのでは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 失敗体験が成長につながる | トップページ | 金太郎飴のような地方創生は成功しないのでは »