« 大型連休 | トップページ | 今こそ歯科保健事業の積極的展開を »

2018年5月 2日 (水)

頼もしいですね

04274

   ちょうど先輩よりスペインサンセバスチャンという、人口18万人の街が10年という月日でミシュランの三つ星レストランが3店、二つ星が2店、一つ星が4店、人口一人あたりのミシュランの星の数はダントツの世界一であり、この街の美食を目指して世界中から人が集まる~交流人口増、観光推進を目指す本県には豊かな食材がいっぱいあります。

 さすれば食を切り口に観光客を呼び寄せる可能性大ということで、今サンセバスチャンに注目しその取り組みを勉強しています。そうした時にワイン留学の記事。どうやら仕掛け人はその積極的な活動力、チャレンジ精神に日頃より尊敬する吉田メモリード社長のようです。しっかりと学んで本県の「食での産業振興」に貢献しうる人材となってほしいと願っています。

 このような海外で学んで帰崎した人材の活躍の場をつくる、サポートする役割こそ行政が担ってもいいんだろうと思っています。

|

« 大型連休 | トップページ | 今こそ歯科保健事業の積極的展開を »

コメント

詳細な情報提供ありがとうございました。

ただ、御回答の最初と最後部分は価値を下げる・・・・・

投稿: 「余計な記述」,「蛇足」に感じました。 | 2018年5月 4日 (金) 10:16

ここはまえださんのブログです。
長くなりますし避けたいのですが同じ危惧を抱いていらっしゃるようでしたら、
WGIP、プレスコード、新聞残紙(押紙+積紙)率、第三種郵便物(公職選挙法148条3項)、電波オークション、ARIBにより固定化されたテレビchの異常性、等々ご自身でお調べいただければ,
実際に動き出した方々の動きが見えてくると思われます。

揶揄したいだけなら場所をおわきまえください。


まえださんごめんなさい。

投稿: 連休中につき遅くなり申し訳ございません | 2018年5月 4日 (金) 08:41

>既存の朝鮮メディアを解体せよ


どのようにすればそう出来るのか方策提案をしてください。ただし、表現の自由や発言内容の多様性を認めることも普遍的に大事な感じも致します。

投稿: | 2018年5月 2日 (水) 16:19

✖「クロアチアは水産国で、帰国後の卒業研究にも留学が生かせたら」
〇「クロアチアは水産国で、帰国後の卒業研究にも留学が活かせたら」
日本人なら小学生でも間違わない()

新聞の誤字など、どっちでも良いのです。
しかし、何の勉強に行くのでしょうか。
留学する二人のワインに対する情熱は感じ取れない記事であり、
吉田社長との温度差を感じられる記事ですね。

単に記事のせいであり、人選ミスに感じられることが杞憂でありますように。

投稿: 既存の朝鮮メディアを解体せよ | 2018年5月 2日 (水) 11:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大型連休 | トップページ | 今こそ歯科保健事業の積極的展開を »