« 健康であってこそ | トップページ | 待ったなし、公共交通維持への県の関わり »

2018年6月 5日 (火)

たったの1200万円で日本一を目指すのですか?

  昨日、13日から開会する6月議会に上程される補正予算が発表されました。 

金額ではかるものではないですが「健康長寿日本一を目指す」と選挙期間中に県民に訴え、当初予算が上程された先の議会でも「まだ肉付けされていない。議会の意見も参考に次の議会で提示したい」と発言されていた目玉施策だったのでどんなものがどれぐらいの予算規模で、また先進的な新しい施策がでてくるかと期待していたら…がっかりです。

   健康寿命の延伸は今今唐突にでてきた施策でもなく、もう数年前から当時の所管部長が「日本一を目指す」と委員会で答弁して「ならば施策として示せ」と意見していたものが、補正予算の内容をみるかぎり評価できるものもありますが「県民の意識の醸成」が目玉とは。そして今になってどんな施策が効果的かを検討するとはじゃあ今までどう取り組んでいたの?です。

   全国的な順位はここ数年よくなっていますが、それでも本県男性は平均寿命で31位(女性同28位、2015年)、健康寿命は男性が30位(同女性28位、2016年)です。他県ももちろん健康寿命延伸は力をいれて様々な施策や事業の展開に取り組んでおり、本県が日本一を目指すというのであればもっと大胆なものを提示してほしかったというのが率直な感想です。新産業も若者定着もしかり。庁舎が新しくなっても…変わらねば!

|

« 健康であってこそ | トップページ | 待ったなし、公共交通維持への県の関わり »

コメント

ガソリン車とタバコがなくなれば、素晴らしい
両方とも減少傾向だから、いつかは無くなると思う。
そのスピードは、行政次第だろうけど。
県民だけでなく政治家の意識の醸成も必要

投稿: pp | 2018年6月 7日 (木) 07:40

二人だけで、やっていただけないでしょうか。

投稿: | 2018年6月 6日 (水) 18:34

受動喫煙が言う程問題であるならば
何故喫煙する高齢者が存在するのだろうか
不思議でならない
閉鎖空間なら死んでしまう排気ガスの方がより深刻な問題であるハズなのに
タバコタバコと声の大きな人達は何故現代文明を否定しないんだろうか
自分は撒き散らしながらそれ以下のタバコに難癖つけてヒーロー気取りって笑えるよね

投稿: | 2018年6月 6日 (水) 18:19

国立がん研究センターの見解
世界保健機関(WHO)の下部組織である国際がん研究機関(IARC)は、2004年の報告書で環境たばこ煙について「ヒトに対して発がん性がある」と判定している[12]。米国公衆衛生総監報告書は、2006年に受動喫煙と肺がんとの関連について「科学的証拠は、因果関係を推定するのに十分である」と判定している[13]。いずれの判定も、メタアナリシスなどの疫学研究と、動物実験などの生物学的メカニズムを総合して行われている。
国際がん研究機関(IARC)が実施した受動喫煙と肺がんとの関連を調べる症例対照研究では、家庭での受動喫煙、職場での受動喫煙ともにリスクが増加するという結果であったが、統計学的に有意ではなかった: 家庭1.16倍(95%信頼区間0.93から1.44)、職場1.17倍(95%信頼区間0.94から1.45))[14]。しかしながら、これは1.3倍のリスク増加を想定して設計された対象者数が少なすぎたことが原因であると解釈されており、その後この研究を含めた国際的なメタアナリシスが行われ、家庭、職場ともに統計学的に有意な結果が出ている: 家庭 男性1.37(95%信頼区間1.05から1.79)、女性1.22(95%信頼区間1.13から1.31)、職場 男女計1.22(95%信頼区間1.13から1.33)[13]。
なお、上記国際研究機関(IARC)が実施した症例対照研究については、フィリップモリス社などのたばこ企業が組織的に干渉し、結果を歪曲した広報活動を行ったことがたばこ産業の内部文書から明らかとなっている[15]。世界で初めて受動喫煙と肺がんとの関連を示した日本の平山研究[16]の後にも、たばこ企業が検証のための研究に出資し、歪曲した研究発表を行ったことが同じく内部文書から明らかとなっている[5]。
国際的なたばこ企業であるフィリップモリスインターナショナル社のウェブサイトでは、世界保健機関(WHO)の判定を引用して受動喫煙の健康被害について公式に認めており、健康被害について消費者に周知すべき旨を記載している[17]。ブリティッシュアメリカンタバコ社のウェブサイトでも、世界保健機関(WHO)および米国公衆衛生総監報告書の判定を引用するとともに、屋内の公共の場における喫煙を規制することを支持している[18]。

投稿: pp | 2018年6月 6日 (水) 17:04

国立がん研究センターの見解
今回国立がん研究センターが報告したメタアナリシスでは、研究時期や条件が異なる複数の研究で、1件を除いてすべて受動喫煙と肺がんとの関連を示す結果が得られており、このことがむしろ、受動喫煙と肺がんとの関連の確かさを示している[1]。受動喫煙による肺がんリスクの増加は1.3倍程度で能動喫煙に比べて小さいため、個々の論文では、対象者数の不足のため見かけ上リスクが観察されなかったと考えられる。メタアナリシスにおいては、個々の研究が有意であるかどうかではなく、複数の研究で結果の方向性が一致しているか、複数の研究を統合した結果が統計学的に有意かどうかが重要である。

投稿: pp | 2018年6月 6日 (水) 17:03

国立がん研究センターの見解
複数の研究を統合して解析する手法は「メタアナリシス」と呼ばれる。選択する論文によってメタアナリシスの結果が異なるという問題は古くから指摘されている。しかし、このような選択の恣意性や取りこぼしを避けるために、メタアナリシスの国際的なガイドライン(PRISMA)では、文献検索において疾患名を限定しない、2名以上の独立した評価者が文献やデータ選択を行う、選択する論文のセットを変えて解析を行う、などが定められている[2]。今回国立がん研究センターが報告した論文でも、研究デザイン(コホート研究か症例対照研究か)、出版年(2000年より前か後か)、他のリスク因子を調整しているかどうか、で9論文を2つに分けて3通りの解析を行っており、ほぼ一致した結果が得られている[1]。
メタアナリシスは、医学研究の中で最も信頼度が高いもののひとつとして位置づけられている[6-8]。その理由は、個々の研究では対象者の偏りや不足、調整されていない要因などの影響で結果が不安定になるが、複数の研究を統合することでより確かな結果が得られるからである。喫煙や生活習慣など病気の予防法[9]、病気の治療法[10]、がん検診の有効性[11]などは、研究者個人の意見や個別の研究ではなく、ガイドラインに基づいて決定される。いずれのガイドラインの作成においても、複数の研究を統合したメタアナリシスの結果が最も重視されている。

投稿: pp | 2018年6月 6日 (水) 17:02

国立がん研究センターの見解
肺がん死亡者42人、46人という数値は、9つの論文のうち、女性における受動喫煙の相対リスクが最も小さい(つまり受動喫煙のリスクが小さい)論文から恣意的に抽出されたものである[3]。受動喫煙を受けた群と受けなかった群では分母の人数が異なるため、分子である死亡者数を単純に比較しても意味がない。さらに、受動喫煙を受けた群と受けなかった群とでは年齢や地域の分布が異なる可能性があるため、それらの要因を調整した比較をしなければ研究として成り立たない。実際、上記論文で、42人と46人についてこれらの要因を調整した比較を行っており、受動喫煙を受けた群(「ほぼ毎日」)の肺がん死亡リスクは受けなかった群の1.06倍となっている[3]。この1.06倍という数字は、今回国立がん研究センターが報告したメタアナリシスの下限の値とほぼ同じである(1.28倍、95%信頼区間1.10倍から1.48倍)[1]。つまり、受動喫煙の肺がんリスクは、少なく見積もって1.1倍であるという結果は、研究間で矛盾なく説明されている。
なお、上記の1.06倍は受動喫煙を「ほぼ毎日」受けた群の肺がんリスクであるが、受動喫煙を「1日3時間以上」を受けた者の肺がん死亡リスクは男性で5.29倍、女性で1.12倍と報告されており、受動喫煙の曝露量が多いほどリスクが大きいことを示している[3]。上記国立がん研究センターが報告したメタアナリシスでは、受動喫煙の害が過大評価となるのを避けるため、1つの論文に複数の相対リスクが報告されている場合、中程度のレベルの値を選んでいる[1]。同メタアナリシスでは、中程度の値の代わりに、上記「1日3時間以上」など高いレベルの値を選んだ場合の結果も報告されており、統合相対リスクは1.37倍(95%信頼区間1.18から1.60)と中程度の場合(1.28倍)より大きくなる[1]。また、低いレベルの値を選んだ場合でも1.26倍(95%信頼区間1.09から1.47)と統計学的に有意なリスク増加が観察されている[1]。
肺がんを含めて生活習慣病は単一の要因で発生するものではなく、多くの要因が複雑に影響して発生する。個々の要因について、他の要因の影響を除去した後でもなおリスクが上がることが観察されれば、当該要因とその病気とに関連があると解釈される。受動喫煙を受けていないと回答した者でも、唾液や尿などの生体指標を調べると、たばこの煙由来の成分が検出されることがあり、受動喫煙を受けていない者に発生する肺がんの一部はこのような誤分類が原因である可能性が指摘されている[4, 5]。受動喫煙による肺がんリスクの増加は1.3倍程度で能動喫煙に比べて小さいため、個々の論文では、対象者数の不足や偏り、受動喫煙有無の誤分類、受動喫煙以外の要因などで、見かけ上リスクが観察されないことがある。このような不安定性を取り除くために、複数の論文を統合して、結果が一致しているか、統合して有意な結果が出るかを調べる「メタアナリシス」が用いられる。

投稿: pp | 2018年6月 6日 (水) 17:01

おーいPPさん
排ガスやんじゃねーぞ冗談だからな
嫌煙家の言う科学的にってのは科学じゃねーって証明の一つだよ
でもあれは完全に嘘だと認めて謝らなきゃいけねーと思うんだがな

投稿: | 2018年6月 6日 (水) 16:51

国立がん研究センター見解の概要
受動喫煙による肺がんリスクは科学的に明確な結論
受動喫煙による肺がんリスクは、疫学研究のみならず、たばこ煙の成分の化学分析、および動物実験などの生物学的メカニズムの分析においても、科学的に明確に立証されています。世界的には既に「確実」という結論が明確に示され、たばこ規制枠組み条約(FCTC)などにおいて世界共通の問題として対策を進められてきました。

しかしながら、日本人を対象とした個々の疫学研究では、これまで統計学的に有意な関連が示されておらず、「ほぼ確実」という認識でした。このたび、8月30日に発表した研究により、日本人を対象としても国際的な結果と同様、「確実」という科学的な結論が明確に示されました。

投稿: pp | 2018年6月 6日 (水) 16:38

あ、依存症はヤバイそこは認める
禁煙を余儀なくされる環境が数時間続くと
自分でも嫌になるくらいじりじりイライラするからな
あれってニコガムで緩和されるんやろか?

投稿: | 2018年6月 6日 (水) 16:37

おPPさん居たか
あんた等嫌煙家が言う車の排ガスより煙草の方が有害って説を証明してくれよ
さっきも書いたが喫煙者が締め切った車内で煙草吸ってもピンピンしてんだよ
だから逆に排ガスをホースで車内に引き込んでも問題無いんだよな
普通に死ねると思うが
あれは嘘でしたって泣いてもダメだぞ
今すぐやれよ

投稿: | 2018年6月 6日 (水) 16:33

5.たばこ煙に含まれる化学物質
たばこ煙の成分分析についての正式なデータが厚生労働省のサイトにあります。
明らかな発がん物質であるベンゾピレン、ベンゼンなどの有機化合物やニトロソアミン、一酸化炭素、シアン化水素、窒素化合物、アンモニアなど有害物質がずらりと表にならんでいます。
これを見るだけでもなぜ今でも「たばこ」が嗜好品として合法的に販売されているのか疑問です。
この表は「たばこ」の銘柄別に主流煙、副流煙に含まれる物質量を測定した結果が示されているのですが、最も重要なことは主流煙より副流煙に危険な物質の量が多いことです。
つまりたばこ煙の危険性は銘柄に関係なく、同室の非喫煙者は喫煙者と同等の危険性に曝されるといえます。
また、たばこに含まれるニコチンは神経に働く物質で脳には覚せい剤として働き身体依存性を生じさせ離脱を困難にします。
実は喫煙者はこのニコチンの薬理作用を求めてタバコを吸うのです。

愛煙家は、ニコチンで覚せい剤みたいに脳がやられてる可能性が高いですね。

投稿: pp | 2018年6月 6日 (水) 16:24

犬も一緒だよな
いや犬の方が人間より上だな
他の犬にに口出しするような不寛容犬はグループ内でリンチ受けて排除されるもんな
社会化を身につけさせ損なった犬は
散歩中に出合っても問題行動ばっかやらかしやがるしな
往々にしてその飼い主は気の弱い善人な訳だが
PPさんやしょみんさんの親も気の弱い善人なんだろーか?
躾けもせず社会に出しちゃいけねーんだけどな

投稿: | 2018年6月 6日 (水) 16:18

不寛容社会を形成しているような奴等を排除すれば
ストレス減って禁煙以上に健康向上が認められるのは間違いないな
直接言えないからって店の禁煙を法制化?
何であふぉな他人に指図されんだ?
外野ががちゃがちゃ五月蠅ぇーんだよ
俺の店は絶対に禁煙店になんかならねーぞ
おねんねは家に帰って大人しくおねんねしてな
繁華街なんか不向きだよ
こんな奴等が客は何でもありとか勘違いしてスタッフ虐めるんだよな
うちでは俺に入店禁止言い渡されるだけだけどな

棲み分けが大事ってことだな
他人の行動にあーだこーだ抜かすガキは家で大人しく
身内に厳しくも他人に寛容な方は社会に進出して羽を広げましょう
但しマナー違反はダメよってとこか

投稿: | 2018年6月 6日 (水) 16:07

 >肺癌や肺気腫など直接的に因果関係が証明される
 >十分でしょ?
わかりづらくて すまそ
肺癌や肺気腫を既に患っている患者が喫煙した場合直接的に害を及ぼすって聞いたんよ
書き方が悪かった俺が悪いから謝る

そして、やはりエビデンスが全く無いことの羅列
それは無しでって釘を刺してもこれだからな
嫌煙家の特徴と言ってしまえばそれまでだが
喫煙者と非喫煙者の比較するならその他の習慣が同一でないと科学的に証明されたことにはならねーんだよ
科学ならったことねーのか?
そして科学的な根拠も無しに他人の行動を云々言う資格は無いと気づけよ
バカなの?って言いたいところだが煙草を嫌うあまりに頭が固くなった人に言っても無駄だからな

そもそも煙草が言う程害を与えるなら
山火事が発生した時の周辺住民は有害な煙を吸って何人死んでんだ?
山火事で燃える草木は無害で煙草のみが有害との根拠は?
喫煙者で平均寿命を遥かに超えて生きている人は何故死なねーんだ?ゾンビか?

屁理屈って言うんじゃねーぞ
単純に知りたいんだよ
受動喫煙で健康被害って言うくらいだったら
締め切った車内で喫煙した野郎なんてその場で即死もんのハズだろ
ピンピンして降りてくるがあれもゾンビなのか?

スメハラに対しては煙草より臭ぇーもんいっぱいあんだろ
婆のくっせー化粧なんてすれ違ったら死にそうだしよ
キムチ民族なんて近づいただけで判るくらい異常だし
口のくせー奴なんざ非喫煙者にもいっぱい居んだろーよ
そいつらにも止めろって言えよ
俺は身内には言っても他人には言わないけどな

今の不寛容社会にお似合いのPPさんとしょみんさんだわ

投稿: | 2018年6月 6日 (水) 15:41

大賛成です!

『無理だとは思いますが、大胆な発想として、
全国に先駆けて、全ての飲食店や遊技場の禁煙をしたら県民の意識の醸造に極めて効果的だと思います。』

投稿: しょみん | 2018年6月 6日 (水) 12:33

英医薬専門誌「BMC Medicine」に「喫煙者は非喫煙者に比べると死亡率が最高で4倍になる」という研究結果が発表された。同研究はオーストラリア国立大学の国立疫学・公衆衛生センター(NCEPH)が、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の45歳以上の男女、計20万4953人を追跡調査したもの。

では、なぜそもそも有害性や依存性の高いたばこが法律で許されているのだろうか。

「現在、日本では『たばこを禁止すべきである』という国民のコンセンサス(合意)が得られていないので、法律によってたばこが禁止されているわけではありません。一方、大麻は大麻取締法によって禁止されていますが、これは『大麻を吸うべきではない』という国民のコンセンサスが得られているからです。国民が選挙で選んだ国会議員が集まった国会で同意があってはじめて成立するものが法律なので、法律が成立するかどうかは、有害性や依存性などの科学的な根拠ではなく、国民のコンセンサスが得られているかどうかがカギになるのです。たばこに関していえば、『たとえ健康を害するとしても、たばこを吸うかどうかは個人の自由』と考えている国民が多いので、たばこが法律で禁止されているわけではありません。『たばこを吸うべきではない』という国民のコンセンサスが得られれば、たばこ取締法といった法律ができる可能性はありますが、現時点ではなかなか難しそうです」

投稿: pp | 2018年6月 6日 (水) 08:30

タバコの煙には50種類以上の発がん性物質が含まれており、肺がんをはじめ、食道がん、胃がん、子宮頸がんなど、さまざまながんを引き起こすことがわかっています。

しかもタバコの煙は、人への発がん性が証明されている『発がん物質第1群』に分類されています。この1群には、ヒ素やダイオキシン、カドミウム、アスベスト(石綿)といった深刻な健康被害を及ぼす物質も含まれています。これらと同じ分類ということからも、タバコの煙がいかに危険であるかが、よく分かりますね。

タバコの害は、喫煙者の周囲にも及びます。タバコを吸わない人でも、喫煙者によるタバコの煙を吸ってしまうことで(受動喫煙)、がんのリスクが高くなるのです。

自分のためだけでなく、家族や周囲の人たちの健康のためにも、禁煙を考えてみましょう!

投稿: pp | 2018年6月 6日 (水) 08:17

タバコの煙には、4,000種類の化学物質が含まれています。その中には、何と200種類以上の有害物質が含まれ、発がん性物質は50種類以上にのぼります!

有害物質のなかでも、よく知られているのは、ニコチン、タール、一酸化炭素です。

そのほかにも、ペンキ除去剤に使われるアセトンや、アリの駆除剤に含まれているヒ素、車のバッテリーに使われているカドミウムなど、体に大変有害な物質がタバコの煙に含まれています。

投稿: pp | 2018年6月 6日 (水) 08:13

俺の愛煙家ではなく"俺の知り合いの愛煙家"です。

投稿: pp | 2018年6月 6日 (水) 07:58

肺癌や肺気腫など直接的に因果関係が証明される
十分でしょ?

愛煙家の方は、煙を吸い込む吸引器みたいなもの持って生活してほしい。
口の匂いは臭いし 側にいると髪はベトベト、顔もベトベト。
体中痒くなる。
風呂に入ってベトベト落とすに一苦労

吸い込んだ肺の中は洗うこともできず、そのまま気分悪い状態。

禁煙パチンコ屋 長く続いてる
慣れの問題でしょう
俺の愛煙家も禁煙パチンコ屋がいいと言ってた。
自分がタバコ吸うのはいいけど、他人が横で吸われるのは嫌だと言ってた。

投稿: pp | 2018年6月 6日 (水) 07:56

PPさん自身で完全禁煙のパチ店と飲食店作って繁盛させてみな~話はそれからだ
とは言ったものの愛煙家の俺から見ても歩き煙草は無いな
特に小さな子供がいるようなところでは危なっかしくて見てられない
あれは規制区増やしても良いんじゃないかな

あと煙草が健康に与える被害について科学的根拠に裏付けられた文献教えてくれないかな
喫煙者と非喫煙者の比較とかってのは無しだぜ
他の習慣が同一でないと比較検体にすらならないのに似非医学者が妄想垂れ流しているからな
世界の潮流がどうとかも無しだぜそれは科学でも何でも無いからな

ちなみに俺んとこの常連だった長大の医学博士さんは
肺癌や肺気腫など直接的に因果関係が証明される以外について禁煙が必ずしも健康向上に資するとは言えません
禁煙を強要された患者がストレスから急性潰瘍を起こし亡くなった事例もありますから
って言ってたんだよな

投稿: | 2018年6月 5日 (火) 20:44

無理だとは思いますが、大胆な発想として、
全国に先駆けて、全ての飲食店や遊技場の禁煙をしたら県民の意識の醸造に極めて効果的だと思います。
結果的に長崎県民の健康寿命は、躍進すると思います。

投稿: pp | 2018年6月 5日 (火) 07:58

最近、歩きタバコを目にするようになりました。
外国人観光客を毎日のように見てますが、歩きタバコしてる人は、見たことありません。
世界に比べて長崎市民の民度が低いのでは?と思います。
市民の憩いの場所であるパチンコ店のタバコ臭も相変わらず凄いです。
長崎県民の健康寿命を下げてる一因だと思います。
パチンコ客を見てると、次から次へタバコを何本も吸ってる人を見かけます。 あれは危険でしょう。
周りにも煙拡散で痒くなり、肌も髪もベトベトです。喉も変になります。

投稿: pp | 2018年6月 5日 (火) 07:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 健康であってこそ | トップページ | 待ったなし、公共交通維持への県の関わり »