« 行政の仕事は心を寄せることから | トップページ | 祝世界遺産登録 »

2018年6月29日 (金)

面目躍如

   昨夜のサッカー、戦い方に批判の声もでていますが結果が全て、3試合トータルの戦い方は戦略ズバリ的中よかったです。特に昨夜は先発メンバーが6人入り替わり出場できたことと批判にさらされてきたGK川島選手の面目躍如の活躍でした。自身のこれからの活動もより戦略的に&精神もタフにならねばです。

   さて、今回の委員会質疑では共通の質疑テーマとして「外国人就労の現況」について質疑。特に本県の一次産業分野では水産で65人、農業で267名の外国人技能実習生が就労しているそうで、県下の漁協でも実習生を希望するニーズがあり、農業分野では現況にプラス月300人近くのニーズがあるとのこと。

   本県では前述の技能実習生の他に留学生のアルバイトという制度(週28時間が就労の上限)でも飲食業やコンビニ等で働いている姿もよく目にします。業種でいえば他には介護分野への外国人の就労参入も国策のなかで行われています。

   現在庁内では外国人の産業人材としての活用については産業労働部となっていますが、農林部が先行して取り組み国に申請している「外国人就労に関する国家戦略特区構想」の申請は企画部が中心となって進めていますが現在3次認定に漏れ次回の4次での地域指定を目指しています。各部の現況と課題を確認するなかで望ましくは専門部署の設置ですが「リードする部署」を定め地域事情を踏まえ様々な就労形態に対応できる取り組みをなすよう要望したところです。あわせて、これが自身の認識のなかでは肝と思っているのですが、「外国人就労を単に不足人材の穴埋め」として捉えるのではなく、彼らが地域コミュニティにどうやって溶け込めるかを各自治体とも協議を行うこと、相談事に対応する窓口を設置することを意見し理事者側からはしっかり取り組むとの答弁も引き出しました。

   そして他の質疑では特に厳しい水産分野では「魚市場の高度衛生化」に絞り質疑を行いました。私の要望に対して委員長の配慮を頂き次回の9月議会で現地調査を含めて課題解決に向けた現地視察が行えそうです。70億巨費を投じる事業で整備着手から完成まで10年、その間水産を取り巻く環境はさらに悪化するなかで、完成時に「高度衛生化をしてよかった」というものにさせねばです。今が知恵の出し時です。

|

« 行政の仕事は心を寄せることから | トップページ | 祝世界遺産登録 »

コメント

長崎新聞7月4日(水曜)付け第23面より、

★新県庁舎の外は、周囲は→→→「危険地帯」でしょう!?

そもそも、
『県庁舎は、県民の避難場所ではありません』 と、長崎県議会県庁舎整備特別委員会で、県理事者の答弁があっていましたから。
☆防災緑地にズラ〜っと、防風林が巨大フェンスでも設置したらいかがですか?(勿論、冗談ですが。)

投稿: 県庁舎の『失策』を、「他所」で是非とも生かされますようお祈り致します。 | 2018年7月 4日 (水) 08:12

今日7月4日(水)の長崎新聞3面に「人口減見据え市町村連携/行政主体に『圏域』提言/総務省研究会」が出ています。
記事によると「人口知能(AI)などを活用し、職員が半減しても自治体が機能できる仕組みが必要」になるそうです。

同じく23面に「記者の目/時流に即した議論を/田賀農 謙龍(報道部)」が出ています。
田賀農記者は「政治には、人口減でも大丈夫な国や自治体の規模、制度設計など、時流に即した議論の活発化も期待したい」と結んでおられます。

投稿: 桔梗 | 2018年7月 4日 (水) 08:02

今日7月3日(火)の西日本新聞の8面に「国会議員の所得総額上位30人」と「九州・沖縄の国会議員所得」と「全国の知事公開所得」が出ています。

同じく21面に「県議の所得」が出ています。
華山哲幸記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年7月 3日 (火) 12:43

今日7月3日(火)の長崎新聞9面に「本県関係国会議員」と「知事、県議の所得など」の一覧表が出ています。
豊竹健二記者の記事と、内海宏一記者の記事です。

同じく26面に「旧県庁舎敷地を有料貸与/県、10月10日まで」が出ています。
久保景吾記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年7月 3日 (火) 09:05

7月1日(日)の西日本新聞25面に「BSL4設計素案5階建て2実験室/長崎大、連絡協で提示」が出ています。
布谷真基記者の記事です。

今日7月2日(月)の西日本新聞の20面に「五島に『山本二三美術館』/宮崎アニメで美術監督/古里の文化財改修し開館」が出ています。
柿森英典記者の記事です。

「BSL4」の記事と「山本二三美術館」の記事は、長崎新聞にも出ています。

投稿: 桔梗 | 2018年7月 2日 (月) 17:04

今日7月1日(日)の長崎新聞10面に「メクル/なぜ線路を高くするの?/JR長崎本線連続立体交差事業/踏切なくして行き来スムーズに」が出ています。
嶋田嘉子記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年7月 1日 (日) 07:47

今日6月29日(金)の毎日新聞の17面に「NIE/県内実践校の取り組み発表/長崎大でセミナー」が出ています。

記事によると「2校が取り組み発表。長崎大付属中は『新聞を活用した探求的な学習』を実施。社会的問題をテーマに設定し、生徒たちが複数の新聞を読むなどして解決策を考え、教諭は『自分の見方や考え方を広げることができる』と述べた。県立ろう学校は全教員が取り組みに参加。教諭は『取り組み後は、新聞を読むという生徒が増えた』と語った」そうです。

投稿: 桔梗 | 2018年6月29日 (金) 19:03

今日6月29日(金)の西日本新聞1面に「FFG・十八銀借り換え/西日本FH 受諾へ/最多200億円超の見通し」が出ています。
下村ゆかり記者・中野雄策記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年6月29日 (金) 16:35

サッカー日本代表と異なり、自民党長崎県議では、「若手」が勤勉・優秀・強健であることを是非示してください!!
長崎市役所内において、今でも共産党機関誌『赤旗(*日曜版を含む)』の勧誘配布集金等が行われているという話は本当でしょうか?行政の中立性として、そうであれば、庁舎内で行われているというのは如何なものでしょう?また、自民党所属議員(*長崎市議)において、政務活動費を使い購読するということは、他党に利することが理解出来ていない(*よりによって、共闘することがほとんどない共産党!),また思考判断力が欠けているのではないでしょうか。どうしても『赤旗』を読みたいならば、長崎市立図書館で読むなり、政務活動費を使うことなく議員報酬で購読すべきだと思いますが、前田さん、どのように思われますでしょうか。自民党議員に「隠れアカ」が居ないことを願います。
さて、サッカー日本代表のほうは、(親日国)ポーランド戦での学習を踏まえ、ベルギー戦においては、先のリーグ1,2戦に近いスターティングメンバーに戻し、ドリブルよりもパス重視・ワンタッチでのシュート方針にするのではないでしょうか。
何より、ゴールキーパー川島選手が名誉挽回出来たことがポーランド戦において良かったと思います。

投稿: 次戦は、7月2日(月曜)27時からです。一寝入りしてからテレビ観戦応援予定です。 | 2018年6月29日 (金) 13:01

今日6月29日(金)の長崎新聞の22面に「記者の目/話したいと思える一人に/猿渡莉子(報道部)」が出ています。
「長崎市の市民団体が、いじめや虐待などに苦しむ子どもの相談を受ける窓口(オンブズルーム)を長崎市川口町の浦上百貨センター内に開設。オンブズルームでは子どもたちに悩みごとや嫌なことがある時に聞き、一緒に解決策を考える。悩む子どもが、話したいと思える一人になることを目指している」そうです。

投稿: 桔梗 | 2018年6月29日 (金) 09:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行政の仕事は心を寄せることから | トップページ | 祝世界遺産登録 »