« 南米親善訪問(1) | トップページ | 医療的ケア児の子育て支援について »

2018年7月28日 (土)

南米親善訪問(2)

 翌20日は2時間半のフライトでブラジルに移動。
 到着後まず「ブラジル移民開拓戦没者慰霊碑」に献花・参拝を行い、隣地にある移民歴史資料館にて移民の歴史についてレクを受けました。

07285

 わが国の移民の歴史は、古くは1885年のハワイ官約移民から本格的な海外移住が始まりますが、この当時は永住ではなく数年間の出稼ぎ労働でした。
 20世紀初めアメリカやカナダへの渡航が増えるなか、日本人の急激な増加が白人の「人種的恐怖心」を煽り日本人の移民を禁止、そこで北米以外の国が日本人移民を受入れるようになり、そのなかでも特にブラジルが主要な渡航先となりました。

07286
07287
07288
072812
 1908年にブラジルへの最初の移民がなされ、長崎港は移民乗船港に指定され多くのブラジル移住者にとって長崎が母国最後の地でありました。本県からの移住は1912年から1990年ぐらいまで続いています。
 移住者の数は90年までに72914人、うち長崎県は3877人で、全国第6位、人口比では沖縄県に次いで2位。これは1960年頃北松の炭鉱離職者が大挙移住したことが主要因で国別ではブラジルが2898人と圧倒的に多い人数となっています。その後日本の経済成長に伴い、逆に日系人が日本に出稼ぎに来る現象となっています。
 参拝後、夜にはブラジル県人会(昭和37年設立、289家族)及び海外技術研修員OB・OGとの交流会を行いました。
07289
072810
072811

 翌21日はメイン行事である「ブラジル移民110周年記念事業」ならびに併設し開催されている「ジャパンフェスタ」に出席。
 県人会による龍踊り、110周年記念式典、県人会でのちゃんぽん提供、ブース視察等で終日会場内で活動。

 現地ラストデーの22日は「長崎館」、県人会の方がされている「漬物工場」、「日本語学校」を視察し帰路に就きました。

 遠く離れた異国の地において必死に働き今をなし、日本の文化を守り広め当地での交流を深めるとともに子供の教育や若い青年の日本で留学・研修をバックアップする県人会の方々の献身的な取り組みには頭が下がり、また十分すぎるほどの歓待に感激した今回の訪問でした。
 微力ながら国際交流、本県を訪れる若者の育成に私も関わっていきます。早速、来月ブラジルから来る研修生のサポートができればと連絡先を交わしてきたところです。

|

« 南米親善訪問(1) | トップページ | 医療的ケア児の子育て支援について »

コメント

今日8月14日(火)の長崎新聞の4面の「再会に乾杯」欄に「長崎大付属中(長崎市)昭和33年卒/会の感想、記念誌に」が出ています。

8月9日(木)の3面でも「級友や恩師の被爆体験記」で紹介された8回生です。

毎週火曜日の長崎新聞の「再会に乾杯」は、地方紙らしくて面白い欄だと思います。60歳以上の県内学校の同窓会が載っています。

投稿: 桔梗 | 2018年8月14日 (火) 09:28

今日8月11日(土)の長崎新聞の25面に「長崎、西海市/全小中校にエアコン設置へ/猛暑受け、他自治体も検討」が出ています。
宮本祥太記者のまとめ記事です。

記事によると「公立小中学校の普通教室の2017年のエアコン設置率は、長崎市3.3%、長崎県8.6%、全国平均49.6%。長崎市は、小中学校の全普通教室と一部の特別教室の計1447教室に設置を検討、費用は約43億円の見通し。2020年度の設置完了をめど」だそうです。

同じく11面に「長崎バス12月値上げ/さいかい交通も/初乗り160円に」が出ています。
山里悠太朗記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年8月11日 (土) 14:10

今日8月9日(木)の長崎新聞3面に「『お父ちゃんは憲兵隊』情報伝わり家族と再会/級友や恩師の被爆体験記/長崎大付属中8回生卒業60周年」がカラー写真付きで出ています。
川添もなみ記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年8月 9日 (木) 18:14

今日8月8日(水)の長崎新聞10面に「現実と非現実な虚構の世界/青来有一さん新作『フェイクコメディ』/核の情勢分かりやすく」が、掲載誌「すばる9月号」表紙の写真付きで出ています。
山下和代記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年8月 8日 (水) 07:54

今日8月7日(火)の毎日新聞13面に「新聞で学ぼう/震災復興へ新聞生かす/盛岡でNIE全国大会」が出ています。

投稿: 桔梗 | 2018年8月 7日 (火) 19:31

今日8月7日(火)の長崎新聞9面に「MICE誘致鍵は地域色/長崎/専門家招きセミナー/『返信はスピード大切』『文化施設の活用期待』」が出ています。
後藤敦記者の記事です。

MICEという言葉は①MICE施設(ハコモノ)と②MICE機能(会議誘致と運営)の2つの意味があるようです。この記事は②のセミナーだったようです。
記事によると「講演でミーティング・プランナーの山本牧子さんは『大型国際会議の誘致は6〜7年前から始める必要がある』とアドバイスした」そうです。

投稿: 桔梗 | 2018年8月 7日 (火) 12:46

8月4日(土)の西日本新聞30面に「小説で『トランプ氏長崎へ』/フェイクで問う核の現実/原爆資料館長の青来有一さん新作」が出ています。
小川祥平記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年8月 6日 (月) 17:04

今日8月5日(日)の長崎新聞5面「声/みんなのひろば」欄に長崎市の無職・浜永孝雄さん(67歳)の「MICE凍結し戦略練って」が出ています。

投稿: 桔梗 | 2018年8月 5日 (日) 18:35

今日8月3日(金)の長崎新聞9面に「ひぐちグループホテル事業参入/2019年末開業へ/長崎・築町に11階建て建設」と「バイオガス発電にチョープロが着手/久留米でプラント建設」が出ています。
山里悠太朗記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年8月 3日 (金) 09:13

8月2日(木)の長崎新聞の1面トップに「FFGと十八銀/公取委統合承認へ/月内にも/競争環境維持に理解」が、9面に「『地域金融が安定』と歓迎/長崎サミット出席者」が出ています。
後藤敦記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年8月 3日 (金) 08:44

今日8月2日(木)の西日本新聞の1面トップに「FFG、十八銀統合承認へ/公取委/来春の実現目指す」が出ています。

投稿: 桔梗 | 2018年8月 2日 (木) 10:58

今日8月1日(水)の長崎新聞9面に「13電停、きょうから名称変更/『松山町』⇒『平和公園』『正覚寺下』⇒『崇福寺』/長崎電気軌道」が出ています。
後藤敦記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年8月 1日 (水) 10:17

今日7月31日(火)の長崎新聞の1面の「水や空」には、旧県庁舎と中心市街地の歴史と現状について書いてあります。
(泉)さんのコラムです。

投稿: 桔梗 | 2018年7月31日 (火) 22:56

7月29日(日)の西日本新聞は、11面に「自由帳/たくさんの失敗を楽しもう/うまくいかないことは学びのチャンス/iPS細胞研究・山中伸弥さん」が出ています。

投稿: 桔梗 | 2018年7月30日 (月) 16:49

今日7月29日(日)の長崎新聞の11面全面に「ニュース最前線ながさき/長崎のスリーダイヤは今/海外と競い合う三菱製」が出ています。
報道部・後藤敦記者の解説記事です。

記事には「三菱重工業・MHPS・東芝三菱電機産業システム・三菱電機・長崎造船所」と「長崎市と周辺の工場の地図・三菱重工業関連の沿革の年表」が載っています。

投稿: 桔梗 | 2018年7月29日 (日) 08:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南米親善訪問(1) | トップページ | 医療的ケア児の子育て支援について »