« あの時、もっと議論しておけばとならぬよう | トップページ | 長崎~香港定期路線就航 »

2018年10月23日 (火)

意志を引き継いで

   昨日の議会は午後休会、高田元知事のお別れ会に出席しました。

   知事としての歩みがスクリーンで流されるなか、高田元知事の功績として長崎大水害と雲仙普賢岳噴火災害という二つの大きな災害に対する対応、特に普賢岳災害では「警戒区域の設定」と「基金の積み増し」で尊い人命を守り復興の道筋をつけたことは、これからも語り継がれていくのだろうと思います。また日中交流でもその基盤を築き、総領事館設置の実績は今後も私達が交流の歴史を積み上げていかねばならぬ責任も感じたところです。

   高田元知事の時代背景は(災害を除くと)右肩上がりの時代であり「よき時代」でもありました。その後バトンを受けた金子前知事の「身を削る県政運営」とは対照的です。

   当時からの県政の重要課題である「新幹線」「諫干」「石木ダム」もまだ終着が見えずの状況です。元知事の「地域愛」の意思を引き継ぎ頑張っていかねばと改めて強く思った次第です。

|

« あの時、もっと議論しておけばとならぬよう | トップページ | 長崎~香港定期路線就航 »

コメント

今日10月27日(土)の長崎新聞1面に「県2019年度予算編成方針/継続事業経費30%減/人口減対策へ優先配分」が出ています。
山口紗佳記者の記事です。

同じく9面に「FFGと十八銀、来週契約/経営統合/株式交換比率、調整」が出ています。
後藤敦記者の記事です。

同じく23面に「衆院厚生労働委員長になった/冨岡勉さん(70)/『医師不足』議論深める」が出ています。
聞き手は東京支社・豊竹健二記事です。

同じ23面に「記者の目/なり手不足加味し議論を/山口紗佳(報道部)」が出ています。

投稿: 桔梗 | 2018年10月27日 (土) 08:54

今日10月26日(金)の長崎新聞の11面に「平成10年(1998年)ながさき回顧/文化行政本格化を象徴/長崎で相次ぐ大型施設」が出ています。
田賀農謙龍記者の記事です。

記事によると「大型施設整備に伴う市の借金は通常15〜20年で返済する。時代は一巡し、市は新たな大型施設の整備を続々と計画し、人口減少が急速に進む中、市財政の将来を不安視する声に、市財政課は今のところ『やれる体力はある』と説明している」そうです。

同じく14面に「市民が集まる場に/子ども専用ホール/新文化施設/市民が議論」が出ています。
田賀農謙龍記者の記事です。

同じく22面に「10月の県内自治体別人口」が出ています。今月の長崎市は1ヶ月間で370人の人口減少です。

投稿: 桔梗 | 2018年10月26日 (金) 08:23

今日10月25日(木)の長崎新聞2面に「参院予算委員長/金子氏が留任/冨岡氏は厚労委員長に」が出ています。
豊竹健二記者の記事です。

同じく12面に「大型事業相次ぎ公債費増/市が中期財政見通し」が出ています。
田賀農謙龍記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年10月25日 (木) 17:41

今日10月25日(木)の西日本新聞30面に「ヒルトン長崎2021年開業/MICE施設に、FC契約結ぶ」が出ています。
華山哲幸記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年10月25日 (木) 11:12

今日10月24日(水)の長崎新聞の9面に「長崎空港の国際線/利用拡大へキャンペーン/先着200人/ソウル、上海線5000円引き」が出ています。
山里悠太朗記者の記事です。

同じく20面に「中学校の8割超が学級数『標準』未満/小学校は7割超/県内/存続か、統廃合か行政はジレンマ」が出ています。
山口紗佳記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年10月24日 (水) 08:30

今日10月23日(火)の長崎新聞9面に「LCC香港エクスプレス/長崎−香港1月19日就航/週3往復/片道平均1万1000円」が出ています。
山口紗佳記者の記事です。

同じく22面に「高田元知事『県民お別れの会』/地域を愛し、住民を思う…/1422人功績しのぶ/両陛下から遺族に弔意/普賢岳災害時の労苦ねぎらう/島原で来月お別れの会」が出ています。
後藤敦記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年10月23日 (火) 21:16

今日10月23日(火)の西日本新聞19面に「高田元知事お別れの会/1400人功労しのぶ/長崎市」が出ています。
中原岳記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年10月23日 (火) 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あの時、もっと議論しておけばとならぬよう | トップページ | 長崎~香港定期路線就航 »