« シーリングは限界 | トップページ | 新幹線は今ががんばり時 »

2018年11月 1日 (木)

遠目から見守る

   慌ただしい10月が過ぎ新しい月に。毎月一日は実践倫理法人会の朝起き会に。今日の講話タイトルは「遠目から成長を見守る実践を」

   お話のなかで以下のようなくだりがありました。

   教えることは大切です。ただ、その目的は人を成長させることです。私たちがそのためにできるのは、その人が育つためのお手伝いにすぎないのではないでしょうか。教え込むだけでは、その人の生きる力は育たないのです。

「やってみせ/言って聞かせて/させてみて/褒めてやらねば/人は動かじ」

   これは連合艦隊司令長官だった山本五十六さんの言葉としてよく知られていますが、この後に続く言葉があります。

「話し合い/耳を傾け/承認し/任せてやらねば/人は育たず」

   実践してみませんか。今年も残すところあと二か月。時間を上手に使いたいものです。

|

« シーリングは限界 | トップページ | 新幹線は今ががんばり時 »

コメント

公会堂跡に、「新・公会堂」を建設。賑町の中央公園に40階建は論外ですが、30階前後の「新・市役所」を建てるならば、市民も地域住民等も受け入れませんか?

投稿: 公園代替が絡むが.....。 | 2018年11月 3日 (土) 10:29

子どもにも親にもやさしい長崎にしよう。https://style.nikkei.com/article/DGXMZO37007940W8A021C1000000

投稿: しょみん | 2018年11月 3日 (土) 09:45

話し合わず、耳を傾けず。条例制定直接請求はもちろん反対し、「私(市長)」がやり抜くから、市民はただ日常生活をつつがなくやってくれ。そして、再度目指すは、広島長崎オリンピック!!
かえすがえす長崎で2020年にオリンピックをしたかったなぁ!

投稿: 四選?まだ、首長をしたいのでしょうか? | 2018年11月 1日 (木) 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シーリングは限界 | トップページ | 新幹線は今ががんばり時 »