« 県政満足度 | トップページ | 思い切りのフライング »

2018年11月26日 (月)

明日から議会開会

   明日から来月20日迄の日程で県議会が開会されます。今日は事前の勉強会も。
   今議会では初日の知事説明で県庁跡地へのホールを長崎市と一体で設置するという説明があるように聞いていますが、ホール機能については委員会のなかで十分な議論が必要だと思います。個人的には「整備案は経済効果や事業費、財源の確保」の概略が示されたなかで判断すべきである、ホールについては市と合築するのであれば単に座席数や面積が合意に達したからではなく長崎市が考える「ホールの基本構想」を確認してからでないと判断できないし、そもそもは公会堂に替わる代替えの施設は現市役所跡に設置すべきであるという考えをもっています。知事がどのような説明をされるのか…

   先週は会派の県議5人で神戸市の「医療産業都市」、広島県の「インド企業誘致の覚書締結」「インターナショナルスクール」を視察してきました。どちらも企業誘致にとどまらず「産業を興す」という視点からの視察で参考になったことは(わかったことは)産業化への条件として
①バックグラウンド(背景)
②構想を練り(戦略)段階的に取り組む
③拠点施設を設ける
④庁外の有為な人材にリーディングを任せる

   本県は単発の企業誘致での成果で「良質な雇用の創出」に努めていますが、そろそろ次のステップの種をまかねば人口減少対策、若者定着は進まないと認識しており、今般の委員会で同僚県議とともに論議していきます。今頭のなかにある産業は「医療、IT、海洋」です。

|

« 県政満足度 | トップページ | 思い切りのフライング »

コメント

ソフトバンクとヤフーが手がける決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」は、総額100億円を還元する「100億円あげちゃうキャンペーン」を実施します。12月4日~2019年3月31日。

今回の"100億円"キャンペーンは、ユーザーの拡大に加えて、小規模加盟店の開拓を進める狙いがあります。PayPayの中山一郎CEOは「ユーザーと加盟店の獲得のために、100億円を投じる。QR決済市場のユーザー数と加盟店数、両方でナンバーワンを目指す」と宣言しました。キャンペーン原資についてはソフトバンクとヤフーの両社がPayPayに出資した金額を拠出すると説明しています。

QR決済が凄いことになりそうですね。
観光客の利便性が格段によくなりそう。
逆に言えばQR決済できないような観光地は避けられそう。

投稿: pp | 2018年11月26日 (月) 08:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県政満足度 | トップページ | 思い切りのフライング »