« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月30日 (水)

県産品をもっと売り込もう!

   ふるさと納税の29年度の現況調査結果です↓

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/file/report20180706.pdf

   前年度より大幅に増えているところの「どうして増えたか?」の調査を行い本県の取り組みの参考にすべきです。お隣佐賀県もすごいと思いましたが最後のページにあるようにフライング気味のようです。
   私はふるさと納税の返礼品が過度に豪華になり自治体間で競争するのはよくないと思いますが、県産品を目的に納税されてその後長崎ファンになり継続的に購入して頂くならばそれはありだと思っていて、納税された方へのその後のアプローチ(アクション)が肝要だと思います。

 ふるさと納税とは違いますが、長崎市が地域商社として認定している2社のうちの1社の「ジョイフルサンアルファ」は面白い取り組みをしています。それはアルファの親会社が全国規模の不動産会社ということで地域商社で扱う商品の売り先対象は、全国各地に建つその不動産会社所有のマンション11万戸だそうです。お聞きした話では定期的に送るチラシに「長崎の干物」の広告をいれたらすぐに1000個の注文がきたとのこと。なるほどです。

色々な手法で県産品を売り込まねばです。

PS ジョイフルサンアルファさんは扱う商品を探しているとのこと。関心がおありの方は是非お知らせください。

| | コメント (3)

2019年1月29日 (火)

やはり苦戦中

0129

 興味深い記事が今日の長崎新聞に。よくよく精査して読んでいませんが記事にある通り今後農水産物(加工品含む)の「海外輸出」は知事が毎年度力を入れて取り組みたいという課題の一つであり、今般示された実績による長崎空港はまだしも長崎港の活用はお寒いかぎりです。
 実はこの件は私は数年前の本会議や所管の委員会でも「知事の本気度」について質疑をし、そこに力をいれるのであれば荷受けふ頭の整備やコンテナ物流の積極的な営業展開をするよう意見してきたところで、当時それを受けて「ガントリークレーンの設置」、「庁内での所管を土木部から産業労働部に移管」等テコ入れを行う等の取り組みを行ってきています。しかし実績は残念ながら伸び悩んでいます(この点についても昨年質疑し今後の取組方針を質疑しています)。

 なかなか取り巻く環境が厳しいことは理解していますが、ここにきてコンテナ物流に関しては「日韓関係の悪化」や「柳ふ頭で本来の目的ではないクルーズ船の停泊」、「造船関係の荷の減少」等さらに情勢が悪化するような要素が発生しており、新年度を前にして仕切り直しが必要だと思われます。私も関係者とも交わりながら打開に向けた知恵をだしたいので取り組んでみます。

| | コメント (11)

2019年1月28日 (月)

人口減対策の目に見える成果をださねば

01261

  確実に人口が減るなかで課題が浮き彫りになっているにもかかわらず、有効な対策~成果がでないことに自身も含めて忸怩たる思いがしています。特に県都である長崎市の果たすべき役割が大きく、県との連携した施策展開は待ったなしです。
 私の昨年の質疑で設置された市町別の「人口減対策チーム」がまだ期間が短いとはいえ、市町毎にどのような課題認識を把握できたのか確認せねばです。そのうえで「連携の見える化」を。事態を好転させ↓のような思いをされる方を一人で減らしていきたい。

01262

| | コメント (2)

2019年1月25日 (金)

地方レベルでこういう時だからこそ

01251

01252

   一昨日は「世界の記憶」登録一年を記念して歴博で行われる朝鮮通信使特集展示のオープニングに出席してきました。
   朝鮮通信使とは、室町時代から江戸時代にかけて李氏朝鮮から日本へ派遣された外交使節団で、途中文禄・慶長の役の間中断されたものの計12回行わています。将軍の代替わりの際の慶賀など外交目的でしたが、片道2000キロ、往復を半年かけての日本各地の行脚は、人々の交流だけでなく学術文化でも日本に影響を与えたと言われています。
 式典には駐福岡総領事や釜山博物館長も出席し挨拶を頂きました。日韓関係が冷え込んでいる今こそ交流の歴史である通信使を再確認されてみてはいかがでしょうか。来月17日まで開催されています。

   さあ金曜日ですね。私は曜日に認識がほぼほぼありませんが今日一日きばりましょう!明日夜は「ナオミナイト」で楽しみです。

| | コメント (7)

2019年1月24日 (木)

2バースの実現へ一歩前進

   26年からの懸案であった松ケ枝埠頭の2バース化、昨年末の知事、市長、経済界等々の上京要望に対して金子参議の尽力により岸田政調会長、望月港湾議連委員長の理解が得られ、念願の調査費がやっと予算化される模様となりました。これまた年明け早々の吉報であり、早速関係する所にその報告に午前中廻りました。

   そして午後は要望・相談事対応4つ。これまた分刻みでの次々の対応でしたが全て中身のある自身にとっても目指すべき政策に一致する内容もあり、ここにきて充実感が加速しています。
   夜の経友会での懇親会でノンアル、これで二日連続の休肝日に。「他人が飲むときは一緒に飲んでつきあわないと心くだけて話せない」との助言も頂きましたが、とにかく年明けからずっと続いていたのでこのインターバルは有効です(笑)。今後の課題は「飲む量を調整してお付き合いすること」だと。

   明日は地域の相談事対応と、発達障害児を積極的に受け入れている高校との意見交換(感謝です)、設計事務所協会~保育会の会合に出席予定です。

| | コメント (10)

2019年1月23日 (水)

年明け早々のサプライズ

   一部上場企業の長崎市へのAI開発拠点の誘致に成功。某番組の張本さんではありませんが産業振興財団に「あっぱれ」です。将来性のある先端産業の誘致に留まらず県ではIT人材の育成や採用支援を受け高度IT人材の活躍の場にもしたい考えが示されています。新聞見出しには「若者の県内定着に期待」とも。年明け早々の明るい話題で新産業創出のスタートダッシュになればと期待します。

   そこで小さな提案ですが、記事にもある情報産業クラスターの中野会長の「いずれビジネスで富士フィルムと連携できるよう、われわれもAIの研究に力をいれたい」とのコメントからも、今般の誘致を迎える「場所」は肝なのかなと思います。長崎市のどこ(どのビル)に開設するのかです。私の提案はこの際、官で建設したクレインハーバービルか今般完成した民間オフィスビルを2フロアー位借り切りそこを今後の同種産業の誘致に向けて、また本県内にある地場IT企業に希望があれば入居させることを提案したいと現場の声を聞きつつ提案できればと思います。大手だけにかぎらず地場企業同士のコラボも今後進めていくのであれば同じ建物内で仕事をすることは大いにメリットがあると思います。記事によれば富士の開設も当初は20人、5年後50人体制とありますから、例えばクレインのワンフロアーを4分割位にして活用することは可能です。せっかくならばそこまで考えてやれたらと…

   昨日は辛辣に書きましたが理事者と議会も「是々非々のコラボ」であり県政を前進させるための「厳しい注文はウエルカム」だと思います。

| | コメント (0)

2019年1月22日 (火)

驚きです

01221

01222_2
   日曜日の読売新聞の記事です。内容についてはコメントは控えますが、私たちは改選後にまずは「自民党の党籍を持つものでの一本化」を目指しています。
   それにしても匿名前提の取材であったろうとはいえ、マーカーの県幹部のコメントひどいですね。まだこのような認識の方が幹部にいるとすれば本県の発展はありません。極めて残念です。

| | コメント (2)

2019年1月21日 (月)

残67日

   昨年末からFBを再開しましたが今朝見てみると県議選で自民党公認の新人の方が昨日事務所開きをしていて残り68日と…なので今日で67日。頑張らねばです。

   週末の土曜日は市歯科医師会の賀寿新年会と日頃から親しくさせて頂ている自治会役員の新年会に顔をださせて頂きました。知事が目指す「健康長寿日本一」達成のためには歯科保健の充実は絶対的に推進していかねばならず、言葉を変えればそれなしでは達成できないと言っても過言ではありません。歯科保健の推進は「医療費削減」にもつながります(昨年の私の質疑で初めて議場で公にこのことを認める)。今後もしっかりと取り組んでいきます。

01211_2

  昨日は県警音楽隊の定期演奏会にも出席しました。ゲストに戸町中学校吹奏楽部を招いての演奏会はとても楽しくあっという間の2時間でした。特にカラーガード隊は40周年を迎えられたとのことで、昨日のステージでは第一期生の方が登場されました。音楽を通して警察と県民の懸け橋に~区切りを迎えさらに10年、20年と続けていかれることを願います。

01212_2 01213

  また昨日は青年協会の創立50周年記念式典が行われました。来賓として上田副知事、田上市長他多くの方にお越し頂きましたが、改めて多くの方にご支援頂いての今があること、また青年らしく故郷の活性化に変わらず汗をかき取り組んでいる後輩たちが頼もしく。これからも大いに活躍してほしいです。応援します。

| | コメント (3)

2019年1月17日 (木)

長い歴史を経て長崎に里帰り

   国立博物館に江戸時代長崎奉行所がキリシタンから没収した信仰に関わる遺品(板踏み絵や、宗旨御改人別帖他)が国の重文として指定、保管され当地や定期的に長崎に貸し出され展示されていますが、以前よりこれを「長崎に返してほしい」という要請がなされており、その都度NOの返事で進展していなかったのですが、昨年末、長崎市議より県議会議長に(私が窓口となり)この話が再度あり、議長と担当部と協議し「知事の意向を確認して進めてほしい」というなかで年が明けてやっと知事の意向を確認できた、と昨日議長に対して報告があるとのことで同席させてもらいました。
   結果は「世界遺産登録を機に再度県としても長崎へ戻し保管、展示をしたい旨の考えがある」ということでした。浦上教会では署名活動を始めているとのこと。これから県と市で国との事前の実現に向けた調整を行っていくとのことです。大きな期待をしています。

   ここのところ地元行事や種々の活動でおかげさまで終日バタバタしています。夜は新年行事もまだまだ続きます。少々バテ気味ですがきばります。今日は主には相談事対応と某所での研修に講師として県政報告、夜は外国人就労についての勉強会を兼ねた食事会。関係者の方にはお世話になります。ありがとうございます。

| | コメント (5)

2019年1月14日 (月)

今更ながらスマホ全盛期

   先日、難聴者協会の新年会にお邪魔した際に会員の方とお話しするのに先方の方が「ちょっと待ってくださいね」とバックから取り出したのはスマホ。本体ジャックにコードのついたイヤホンを取り付け「これに向けてしゃべってください」と。話をすると瞬時に私の話がスマホの画面に、しかも正確に文字になって表れました。言語を文字に変えるアプリでした。

   また何気に見たFBでは↓のような展開も

https://poke-m.com/about

   今年の成人式で田上市長が「平成の前はポケットベルだった(成人者全員、知らないか、聞いたことはあるが見たことはない)その後PHS、携帯となり今はスマホ。スマホはパソコンである。君たちの時代はそれを駆使して生活していく世代である」という趣旨の挨拶をされていました。まさにそのような時代です。

   今は高校生はほぼスマホを一人一台持っています。きっと教育の場面においても今は本県は高校生のスマホの学校持ち込みは禁止ですが、持ち込み許可に留まらず授業の場面においてもスマホをパソコン代わりに使用して学習することが当たり前になってくるのだろうと思いますし、そうすべきだと思います。

   無限の可能性を今さらながら感じます。苦手ですまされない&上手に活用していかねばです。

| | コメント (9)

2019年1月13日 (日)

運動のすすめ

01051

    正月明けにスポーツ店にランニングタイツを買いに行ったのにタイツは買わずに買ったものが↑。どれも60%オフのものですが買った直後はその衝動買いに後悔していましたが、今は重宝して使用しており「結果よし」でした。

   最近知人から走るにしても「LSDラン」がいいと聞きました。LSDとはlong slow distanceの略で、要は1キロ7分位でゆっくりとしたスピード(ジョギング)で、できれば1時間以上走ればよいとのことです。今日トライしてみましたが…そんなにゆっくり走れるものではありません。

   さて、私のブログを見てくだる方に県庁職員の方も多いのかと。そこで県庁の方に運動のすすめです。仕事前はなかなか難しいでしょうから仕事が終わって着替えて30分LSDで県庁周りを走りませんか?県庁正面を出て左折し岸壁沿いに逆時計回りで一周したら1キロ100メートル(今日実測しました)なのでそれを4周走ればちょうど30分位になります。グルグル周回するのが嫌な方は正面左折して岸壁沿いに走り常盤出島の先っぽの橋を渡りその先を県美方面に左折してまた同じルートを戻ってきてちょうど4周分になります。でシャワー浴びて帰ればいい運動に。今年は体にいいことトライしてみませんか。

| | コメント (4)

2019年1月11日 (金)

屋外行事は寒し

   正月明けのためか曜日の感覚がなく、今日は金曜日なんですね。新年会等の飲み会の行事は月末迄続きますが、訪問による新年の挨拶は概ね15日まで。さすれば平日は今日までで全く時間が足りません。ご挨拶できていない方に申し訳なく思いますが行事ごと多く、仕事もしっかり取り組んでおりますのでご了解くださいませ。

   今日は県警観閲式に出席させて頂きます。例年、議員の出席は所管の総務委員会の委員のみへの案内ですが昨年は悪天候で実施されず、これまでの会場であったかきどまり競技場前広場から今年初めて県庁舎横防災岸壁にて行われますので、所属委員外での出席をお願いし出席させてもらうことになりました(感謝)。
   ただこの時期の屋外行事はとても寒く防寒をしっかりして臨まねばです。折しもインフルエンザが流行し始めましたので皆さんご注意ください。

   三連休は新年会と成人式それぞれ複数はしごで参加させていただきます。

PS  新幹線の件で長崎、佐賀県両知事が会って協議をしたとの報道があっています。一対一での会合なので正直どんな会話をしたのかはわかりませんが、会談後のぶら下がりの取材ではどちらも「国に新たな打開策を求めていくこと」で合意したとあります。それはそれとして本県としてはフル規格を望んでいるわけですからこれを機に何度も何度も佐賀県へ足を運び協議する姿勢を続けていくしかないんだと思います。個人的には「佐賀県にとってメリットのあるフル規格案でなければならない」と思っていてそれは新たなルートの検討だという考えにたっています。

| | コメント (2)

2019年1月10日 (木)

究極のボランティア

   今年は長崎市、時津町、長与町(昨日)と3つの出初式に出席しましたが、どこも規律正しく厳粛ななか行われ、10年単位で永年勤続表彰を受けられる団員には敬意と感謝の念で一杯になります。仕事の傍ら、また時間を費やすという意味で家庭も犠牲にして地域の安全と人命・財産を守る業務に従事する消防団員は「究極のボランティア」と言っても過言ではないと思います。
 私は市議に当選させていただいた20年前に初めて消防団の出初式に出、地域の分団の祝賀会の折に自分も入団しようかと話したところ「入れてやってもよかけど雑巾がけからやってもらうぞ」と言われ、それだけの時間はとれないと断念したことを思い出します。今周囲を見渡すと同僚の県議や市議にも団員で頑張っている方がいますので当時の私はただびびっただけなんだろうと。

   長崎市では地域コミュニティの仕組みづくりが急ピッチで進んでいます。進め方、環境整備については問題点等があると認識していますが、進むべき方向性は望ましいと思います。行政には限界があり、また地域地域で一律のルール、支援制度では不都合も多く、人口減少、高齢社会のなかで今の自治会、民生委員等だけで地域運営をやっていくことは限界に近い状況になってきていると思っています。消防団もしかりで人材確保も非常に難しいと聞いていますが特効薬的な支援ができずにその取り組みは苦戦中です。

   まさに今求められるのは「市民力」、自ら地元のなかで実践しながら取り組んでいきます。今日は行事としては卸団地の新年交歓会に出席させていただきます。

| | コメント (1)

2019年1月 9日 (水)

議員を3期したら年金をもらえるは昔の話

   今朝は寒かったですね。さすがに松山町の競技場でラジオ体操をする人もめっきり少なくなりました。

0109

   さて長崎新聞では年明けから「議員の実情」と題して特集記事を連載していますが、その二日目の「議員報酬」についての記事は当事者の私からすれば非常に身につまされ赤裸々な内容でした。私も掲載内容と全く同じ環境にあります。でもよくそこまで取材に応じて語ったなぁが率直な感想で、私は「言っても詮無い」と諦めの胸中にいます。

   新聞の反響は早速で、掲載後の挨拶廻りでは先方から「記事を読んだ。そんな実情とは知らなかった」というお声を複数お聞きし、昨夜顔をださせてもらった会でも「議員年金があるんだよね?」という質問を受けました。
 地方議員の議員年金はありません。私がちょうど市議の時に優遇されすぎとの世論を踏まえ廃止されました。それまでは3期議員をすれば議員年金がもらえるので3期は務めねばというのが当時先輩から聞かされていた話ですが、それはもう昔の話で今の制度は「任期中に毎月報酬から自動的に引き落とされる共済費(月約8万)の積立額総計を議員でなくなった時点で一度にまとめてもらうなら積み立て総額の65%、年金のように毎月均等にもらうなら55%の額を支給する」(数字は記憶によるのできっちり正確ではないかもしれませんが制度はこのようになっています)となっていて、新しい制度に移行した時は「せめて一括でいいから100%返してほしい」と思ったものです。

 「こんなんではなり手がおらんよね」という声は昨夜も聞かれました。そうだと思います。さすればどうしたらよいかの質問に私は「議員定数を減らして報酬をあげてもらうしかない」と答えましたが、それに続いての「じゃあそれは誰が言うのか?(声にするのか)」の問いには…うーん、「自分達では切り出しづらいので世論ですかね」難しいでしょうね。さすれば企業や個人からの寄付…これもまた多くは述べませんが難しいです。前述の私の議員定数を減らすも、ややもすると新人の出馬の芽をつむことにもなりかねません。まさに先行き不透明です。なので考えないようにしています。

   今日は出初式ラスト、長与町の出初式に出席します。

| | コメント (9)

2019年1月 8日 (火)

説明責任

   先日5日に長崎魚市の初市に出席し、関係者からは厳しい環境のなかでも今年も頑張るとの抱負が語られましたが、昨年末の20日議会閉会後に水産部職員が私のところに来て2枚の資料を見せ「魚市場の高度衛生化の工事完了が3年遅れる」との報告がなされました。事業計画の変更内容はまず終了年度が32年度→35年度、事業費が70億→120億、追加の施設整備として、シャーベット製氷施設、活魚センター建替えを要望中とのこと。

   特に私は現場よりこの計画&工事については様々な問題点や課題、要望等を聞き、これまで32年度完成を前提に質疑をしてきただけに「寝耳に水」で驚きと同時にこれだけの遅れであれば早くからわかっていたのでは、譲って少なくとも、議会開催中の委員会のなかで報告をすべきではないかと。委員会で議論をさせないよう議会が閉まって説明に来た確信犯であると思われても仕方がないと思います。猛省を求めるところですが、現場は操業と並行しての工事をしていますので、今なすべきことは、まずは事業費増による当事者負担が増えないのか等の十分な説明と負の影響がでるのであればそれを最小限に留める方策、要望中の施設について国に了承させるためのさらなる熟度の高い計画策定、また記載されていませんが仲卸し施設の高度衛生化についても引き続き国のメニューの新設を要望していかねばなりません。

   批判から入りましたが、水産業を取り巻く環境が厳しいなかで「攻めの水産業」を展開するためには施設の高度衛生化はその一里塚、しっかりとした取り組みを期待しています。踏ん張り時です。微力ながら私も!なので頑張りましょう。

| | コメント (4)

2019年1月 7日 (月)

今日から本格始動!

01041

   先週3日の長崎新聞一面ですが、明るい話題ばかりの記事で今年はいい年になりそうな予感がしました。

   三が日以降は、県・市の仕事始め式、商工会議所主催の賀詞交歓会に出て、週末は青果市場・魚市場の初市、昨日は時津町の消防出初式に出席、夜は浜口界隈を活性化させたいという若手経営者の会に参加。

   今日は終日、長崎市の全体の出初式ならびに地元分団の出初式に出席させていただきます。今月一杯は新年行事と並行して日常業務に務めます。皆さんもなかなかお正月気分も抜けないところでしょうが互いにスタートダッシュ、きばりましょう。

01042

| | コメント (3)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »