« 人口減対策の目に見える成果をださねば | トップページ | 県産品をもっと売り込もう! »

2019年1月29日 (火)

やはり苦戦中

0129

 興味深い記事が今日の長崎新聞に。よくよく精査して読んでいませんが記事にある通り今後農水産物(加工品含む)の「海外輸出」は知事が毎年度力を入れて取り組みたいという課題の一つであり、今般示された実績による長崎空港はまだしも長崎港の活用はお寒いかぎりです。
 実はこの件は私は数年前の本会議や所管の委員会でも「知事の本気度」について質疑をし、そこに力をいれるのであれば荷受けふ頭の整備やコンテナ物流の積極的な営業展開をするよう意見してきたところで、当時それを受けて「ガントリークレーンの設置」、「庁内での所管を土木部から産業労働部に移管」等テコ入れを行う等の取り組みを行ってきています。しかし実績は残念ながら伸び悩んでいます(この点についても昨年質疑し今後の取組方針を質疑しています)。

 なかなか取り巻く環境が厳しいことは理解していますが、ここにきてコンテナ物流に関しては「日韓関係の悪化」や「柳ふ頭で本来の目的ではないクルーズ船の停泊」、「造船関係の荷の減少」等さらに情勢が悪化するような要素が発生しており、新年度を前にして仕切り直しが必要だと思われます。私も関係者とも交わりながら打開に向けた知恵をだしたいので取り組んでみます。

|

« 人口減対策の目に見える成果をださねば | トップページ | 県産品をもっと売り込もう! »

コメント

今日2月6日(水)の西日本新聞の22面に「介護計画作成、AIが支援/福岡市のベンチャー事業化/過去データ分析、候補を提示/ケアマネの負担軽減」が出ています。
石田剛記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2019年2月 6日 (水) 17:03

今日2月6日(水)の長崎新聞9面に「福岡から見た長崎経済□6□=おわり=/九州経済連合会・麻生泰会長(72)/1次産業、魅力ある仕事に」が出ています。
聞き手は山里悠太朗記者です。

同じ9面に「『歩道橋架け替えを』/長崎駅周辺整備で協議会」が出ています。
山里悠太朗記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2019年2月 6日 (水) 10:20

今日2月5日(火)の長崎新聞14面には「経営トップ講義@県立大2018『ビジネス経済の実践』要旨⑭=おわり=/経済社会からみた平成の30年、これからの30年/長崎経済研究所代表取締役社長・小川洋氏(63)/世や人の役に立つ志を」が出ています。
後藤洋平記者の記事です。

記事によると、小川洋氏は「新たに生まれた経済構造にどう対応するかが重要だ。AI(人口知能)に使われるのか、使う側になるのかで人生は大きく変わる。しかし、最終的にはお金のためだけではなく、世の中や人の役に立つという志を持って仕事に就いてもらいたい。結果的には、素晴らしい人生を送れることにつながるはずだ」と話されたそうです。

投稿: 桔梗 | 2019年2月 5日 (火) 09:15

2月2日(土)の西日本新聞25面に「長崎市長選/現職、県議、元市議…意欲/出馬模索次々と/8年ぶり激しい戦いに」が出ています。
華山哲幸記者の記事です。

同じ25面に「長崎市長選に4陣営/市議選は46陣営出席/立候補予定者説明会」が出ています。

同じ25面に「2018年/長崎市転出超、全国最多/市長『非常に深刻』」が出ています。
竹森太一記者の記事です。

同じく33面に「軍艦島4ヵ月ぶりに歓声/台風被害後、初の上陸再開」が出ています。
華山哲幸記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2019年2月 4日 (月) 17:07

今日2月4日(月)の長崎新聞1面の「水や空」には「総務省が公表した2018年の『日本人の人口移動報告』によると、長崎市からの転出超過は2376人。市町村別では全国ワースト1位/新たな知恵やアイデアを/今年の春は選挙の春」と書いてあります。
(智)さんのコラムです。

投稿: 桔梗 | 2019年2月 4日 (月) 08:54

2月2日(土)の長崎新聞の1面に「軍艦島/観光客の上陸再開/4ヵ月ぶり」が出ています。
川添もなみ記者の記事です。

同じく9面に「長崎サミット/長崎駅周辺再整備計画/歩行アクセス『不便』/市長『工夫の余地ある』/観光客数目標突破」などが出ています。
後藤敦記者、山里悠太朗記者、白石彩乃記者の記事です。

同じく14面に「若い視点で観光まちづくり/大学生の企画実践へ/長崎観光コンベンション協会など/『突拍子もないことを』参加者募集」が出ています。
川添もなみ記者の記事です。

同じ14面に「県庁跡地の新文化施設/『魅せる』『創る』『育む』などコンセプト/市が基本構想の骨子公表」が出ています。
田賀農謙龍記者の記事です。

同じ14面に「市長、副市長の給料、議員報酬据え置き」が出ています。
古瀬小百合記者の記事です。

同じく24面に「2019統一地方選/長崎市長選に4陣営、市議選に46陣営出席/立候補予定者説明会」が出ています。
宮本祥太記者の記事です。

同じく26面に「長崎市の転出超過/初の全国ワースト1位/日本人・2018年人口移動」が出ています。
田賀農謙龍記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2019年2月 3日 (日) 17:37

今日2月1日(金)の西日本新聞の20面に「田上力/検証/長崎市政/3期12年の実り④=おわり=/人間都市/自立促し地域、行政にメス」が出ています。
この連載は華山哲幸記者の担当でした。

同じく21面に「橋本市議が辞職/長崎市長選専念」が出ています。

投稿: 桔梗 | 2019年2月 1日 (金) 17:57

今日2月1日(金)の長崎新聞3面の「表層深層/人口移動報告/五輪迫り首都への集中拍車/地方戦略の成果一握り」の「日本人の転出・転入超過数の上位10自治体」表で「長崎市は転出超過2376人で1位。2位は1674人の北九州市」です。

同じく6面に「AI特許、日本勢が健闘/出願企業トップ10に6社」が出ています。

同じく9面に「インタビュー/森ビル都市企画・田中敏行社長/長崎・新大工地区再開発/全体がいい方向に」が出ています。
聞き手は佐世保支社・後藤洋平記者です。

同じく20面に「県、予算編成大詰め/緊縮財政、各部署には不満も/『基金頼み』2021年脱却なるか」が出ています。
久保景吾記者の記事です。

同じ20面に「2019統一地方選/橋本長崎市議が辞職/市長選出馬へ」が出ています。
古瀬小百合記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2019年2月 1日 (金) 17:44

今日1月31日(木)の西日本新聞22面に「田上力/検証/長崎市政/3期12年の実り③/世界都市/『血流』で街活性化、足元は」が出ています。

同じ22面に「ながさきBiz/『ビズポート』きょう落成/長崎市/オフィス3月下旬入居」が出ています。
布谷真基記者の記事です。

同じく23面に「県議選説明会59陣営が出席/定数46、16選挙区」が出ています。
野村大輔記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2019年1月31日 (木) 22:32

今日1月31日(木)の長崎新聞の1面に「軍艦島復旧工事迅速化/台風被害時/3週間で業者決定、着工/国、県、市が方針」が出ています。
松尾潤記者の記事です。

同じく9面に「長崎BizPORT竣工/1000人勤務/長崎食糧倉庫などが開発/かつて貿易支えた場所」が出ています。
後藤敦記者の記事です。

同じく20面に「ロボットでインフラ点検/長崎大大学院工学研究科/島原の橋で実証試験」が出ています。
大田裕記者の記事です。

同じ20面に「2019統一地方選/県議選説明会59陣営が出席」が出ています。
内海宏一記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2019年1月31日 (木) 22:19

ここでは初めまして。

この記事ですが、実務に携わる立場からすると、現実をわかっていない数字だけの印象論だと感じました。

何故農産物が長崎から輸出されていないのかといえば、長崎の業者の営業力が弱いからです。はい、私の営業力が足りません。

実際、県内産農畜産物の輸出は増えていますが、それは福岡の輸出業者の営業力に依存しています。だから、物は福岡からしか出ない。

県も輸出振興の具体策として、福岡や関西の輸出業者に補助金をつぎ込んで輸出増大を図っています。

これでは長崎港、長崎空港からの農畜産物輸出が増えるはずがありません。港湾側の問題ではないのです。

私もこの件でブログを書こうかと思っていましたが、ひとまずここにコメントを付けさせて頂きます。

投稿: 前田 陽次郎 | 2019年1月29日 (火) 20:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人口減対策の目に見える成果をださねば | トップページ | 県産品をもっと売り込もう! »