« お、一面! | トップページ | 人口減少対策の質疑目白押し »

2019年2月22日 (金)

みそくその評価だったオフィスビルも…

0222

   フロアーが埋まらないと、みそくそに言われていたオフィスビルも、ここにきてどうだと言わんばかりの状況になってきました。質の高いオフィスビルの存在が誘致の決め手の一因に。そして記事をよく読むとワンフロアーの4分の1がオフィスになるということは、以前地場企業から提案のあった「ITビレッジ」的に複数のIT企業がワンフロアーに入居することで協働で研究開発することも可能になるという、地場企業にとっても次のステージに立つ展開にもなりそうです。化けてきましたよ!

   私は来月4日の予算総括質疑で14時30分より25分の予定で質疑を行うことになりました。

|

« お、一面! | トップページ | 人口減少対策の質疑目白押し »

コメント

今日3月2日(土)の長崎新聞9面に「長崎艦艇部を廃止/三菱重工業が機構改革/来月1日付」が出ています。
後藤敦記者の記事です。

同じく20面に「3人目の出産望む夫婦ら対象/中古住宅取得助成へ/人口減対策で県、九州初」が出ています。
久保景吾記者の記事です。

同じく22面に「長崎大病院に新NICU完成/12床へ倍増、9日稼働」が出ています。
山口恭祐記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2019年3月 2日 (土) 16:20

3月1日(金)の長崎新聞の1面に「2019統一地方選/7選挙区、無投票の公算/『選択肢、狭まる』など懸念も」が出ています。
まとめ・久保景吾記者の記事です。

同じく9面に「長崎進出の京セラ子会社/黒瀬善仁社長インタビュー/『最先端技術発信したい』/地場企業との協議に意欲」が出ています。
後藤敦記者の記事です。

同じ9面に「HTB東証上場準備/HIS発表、時期は未定」が出ています。
後藤洋平記者の記事です。

同じく12面に「長崎市議会」関係の記事が出ています。
田賀農謙龍記者の記事です。
同じ面の「傍聴席/住みよさ、いかが?」は、宮本祥太記者です。

同じく23面に「記者の目/駅前整備どこまで工夫/後藤敦(報道部)」が出ています。

後藤記者によると「長崎の浮揚策について地元産官学トップらが話し合う『長崎サミット』で、商工会議所会頭から、新駅舎が国道から遠く離れてしまう市の現行計画に対し『不便だ』と異論が上がった」そうで、「日銀長崎支店長も『いくら駅舎が奇麗になってもアクセス面で“昭和”を引きずるようでは都市間競争に勝てない』と苦言を呈した」そうです。

同じく26面に「外国人宿泊最多8859万人/2018年推計/11.2%増、伸びは鈍化」「本県は69万人、11.1%減」が出ています。

同じ26面に「長崎大と塩野義が連携/マラリア薬を開発へ」が出ています。

投稿: 桔梗 | 2019年3月 2日 (土) 15:03

2月28日(木)の長崎新聞12面に「長崎市議会」関係の記事が出ています。
田賀農謙龍記者、川添もなみ記者の記事です。

同じく22面に「県庁跡地活用策/過去の議論無視できない/知事、整備方針維持を強調/県議会一般質問」が出ています。
山口紗佳記者の記事です。
同じ面の「傍聴席」は、岩佐誠太記者です。

投稿: 桔梗 | 2019年3月 2日 (土) 14:21

今日3月1日(金)の西日本新聞の22面に「2019統一地方選・長崎/無投票割合、2番目の高さか/県議選告示まで1ヵ月、傾向を分析/県選管、低投票率を懸念/女性比率3割に遠く及ばず」が出ています。
徳増瑛子記者の記事です。

同じく28面に「十八銀、親和銀、合同採用/来春の大卒140人『新銀行の象徴に』/FFGとの統合まで1ヵ月」が出ています。
井崎圭記者の記事です。

同じ28面に「HTB上場準備開始」が出ています。
吉田修平記者の記事です。

同じ28面に「マラリア薬開発へ/長崎大、塩野義連携/協定締結」が出ています。

投稿: 桔梗 | 2019年3月 1日 (金) 16:47

今日2月28日(木)の西日本新聞の21面に「ながさきBiz/倒産4年ぶり増47件/東京商工リサーチ/負債総額は低水準67億円/昨年の県内」が出ています。
中原岳記者の記事です。

記事によると「すそ野が広い三菱重工業の受注の低迷が懸念材料」で「来年10月予定の十八銀行と親和銀行の合併は『どう影響するか先行き不透明』と評価を先送り」だそうです。

投稿: 桔梗 | 2019年2月28日 (木) 11:12

今日2月27日(水)の西日本新聞の22面に「観光振興へ宿泊税検討/長崎市/新年度中に有識者会議『安定した財源確保へ』」が出ています。
華山哲幸記者、重川英介記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2019年2月27日 (水) 16:17

今日2月27日(水)の長崎新聞の3面に「自治体の情報システムなど/デジタル化推進を/諮問会議『骨太』へ議論」が出ています。

同じく9面に「三菱重がAI節電事業/本格展開/売り上げ1000億円目指す」が出ています。

同じく12面に「長崎市議会一般質問」の記事が出ています。
宮本祥太記者・田賀農謙龍記者・川添もなみ記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2019年2月27日 (水) 11:42

土地の価値も上昇、ビルの価値も上昇
景気、物価上昇が続けば、この傾向は続きますね。

物価上昇が続くとすれば、現金の価値は下がります。
借金してでも投資していたほうが長崎県民資産の増大に繋がるでしょう。

まさにアベノミクスの思惑通りですね。
貯蓄から投資へ
貯蓄だけしていれば、価値が下がる状態です。

投稿: pp | 2019年2月24日 (日) 07:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お、一面! | トップページ | 人口減少対策の質疑目白押し »