« 任期最後の議会を終えて | トップページ | 期間中でも務めは果たさねば »

2019年3月21日 (木)

暮らしやすさの追求

032120321
 今日は朝一の朝礼を終えて地元廻りを。写真のようなところを二時間半。体力的には大丈夫でしたがスーツだったので汗びっしょり。
しかし、私はいいとして高齢の方にとっては。思い出したのは決起大会の時に述べた長崎市の「立地適正化計画」この計画のなかでは斜面地を非居住地域と設定し居住地域である平地への移住を誘導するとなっています。
 言うは易しで、計画の背景は理解しつつも、個人の移住にどこまで税金を投入できるのか、また、市の試算ではH46年までに1.3万人を移住させる計画になっていますが、大学関係者と話したところ実は8万人を超える方が対象になるのではないかという予測がなされています。
県下のなかでもいち早く計画を策定したことは評価しますがかなりの困難を伴うこの計画に私も市議選初挑戦の時から「斜面地にひっそりと住む高齢者で平地に移住したい方は移住させてあげたい」と訴えてきたのですから計画の実現に向けしっかりと取り組んでいきます。

|

« 任期最後の議会を終えて | トップページ | 期間中でも務めは果たさねば »

コメント

 

 少子高齢化と造船産業の撤退?

       それに伴う 銀行の 半減(1/4かも)

  で

  税収低減による

      行政サービス効率化のための

       住民(住居)集団化


 

 傾斜地(山)から

         低地への 

         移動の 立地適正化 放暗


  ザル放・・・郊外開発ありきの

        空箱政治屋 放暗

 ん~  ~


 そのまえに まともな ハザードマップは!

 県・市民 の 暗全度は

   空箱優先 なの

 長崎大水害 から 37年

   まともな 防災対策 なし

 漕ぎ出せ泥舟長崎県 の 浦上川は

       なぜか 長崎駅前周変 は 冠水 なし?


  長崎駅水没前の 空箱餌業  完了後で


    なければ~ ~ いえませんの・・かね!

  漕ぎ出せ泥舟長崎県


    最低の餌遅退

       県眠所得・人口減

       退裂く わかりま 変~の

       長き 暗い実績 の

       空箱政治屋臭団 断ち

   なんとか~なりま~変の~か値!

  


  民間の仕事へ おかわり下さい

  県眠・市見ん の ためにも~  ~

  
 空箱よりも

      足元政治を

       求める

         住民より~


          

投稿: 頭脳泣き人 駄値!去れ! | 2019年3月23日 (土) 10:14

斜面地を非居住地域と設定

斜面地全て非居住地域設定ではないでしょうから、線引きを示してほしい。

斜面地住民が優先的に割安な家賃で公営住宅に移り住めるようにしてほしい(低所得者に限る)
低所得だから斜面地の安い家に住んでる人が多い。

低所得だから平地に住もうとすると狭小住宅になる。
狭い1DKに夫婦で住むとか。

投稿: pp | 2019年3月21日 (木) 18:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 任期最後の議会を終えて | トップページ | 期間中でも務めは果たさねば »