« 安心して出産を。一丁目一番地に到達! | トップページ | 企業誘致のインセンティブ見直しを »

2019年3月11日 (月)

あれから8年

   その日は私は市議会が休会中で県議選の支援のお願いで外を廻っていて車のテレビで一報を知りました。県議選当選後は直ぐに同僚県議とボランティアに行ってきました。
   「絆」今でこそ声高に言われることはありませんが脈々と日本人の心のなかにしっかりと根付いていると思います。
   当時の気持ちを忘れずに「がんばれ!日本」「がんばれ!長崎」です。

|

« 安心して出産を。一丁目一番地に到達! | トップページ | 企業誘致のインセンティブ見直しを »

コメント

今日3月17日(日)の長崎新聞の9面に「史実を基に『生活』の再現を/旧グラバー住宅の展示内容変更/収蔵品の来歴調査」が出ています。
田代菜津美記者の記事です。

記事によると「旧グラバー住宅の建物内部の展示は、市の観光関係の部署が長年担当し、2008年の指定管理者制度導入以降も、ほとんど同じ展示内容で、専門家からは度々『何を伝えたいのかコンセプトが分からない』などの指摘が寄せられていた」そうで「少なくともこの20年はグラバー住宅の内部展示はほとんど替わっていない」そうです。

投稿: 桔梗 | 2019年3月17日 (日) 10:08

3月14日(木)の長崎新聞9面に「十八銀行27日上場廃止/福証と東証/FFGと経営統合で」が出ています。

同じく12面に「長崎市議会」関係の記事が出ています。
古瀬小百合記者の記事です。


3月15日(金)の長崎新聞の9面に「地域経済ズーム/県内への企業誘致/人手不足でIT系進出増/本年度13社、過去6年で最多」が出ています。

同じく24面に「どうなる新幹線長崎ルート/新鳥栖―武雄温泉で佐賀県/ミニ新幹線『メリットない』」が出ています。
久保景吾記者の記事です。

同じく26面に「県庁跡地『遺構調査を』/日本考古学協会/文化庁などに要望」が出ています。
山口恭祐記者の記事です。


今日3月16日(土)の長崎新聞の1面に「新名称『十八親和銀行』/来年10月合併/本店は長崎市」が出ています。
後藤敦記者の記事です。

同じく9面に「創業者数、右肩上がり/佐世保商議所の支援奏功/雇用創出効果は1000人超に」が出ています。

同じく12面に「長崎市議会閉会」が出ています。
古瀬小百合記者の記事です。

同じ12面に古瀬小百合記者の「議会リポート/転出超過数、全国ワースト1位/抜本対策の議論深まらず」が出ています。

同じく20面に「定例県議会が閉会」が出ています。
久保景吾記者の記事です。

同じく21面に「2019統一地方選/県議会閉会、決戦へ動き本格化/県議選告示まで2週間」と「引退県議ら支えに感謝/最後の定例会/後継の指導にも意欲」が出ています。
まとめ・岩佐誠太記者と山口紗佳記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2019年3月16日 (土) 14:06

今日3月15日(金)の西日本新聞の26面に「鼓動◎FFG・十八銀統合へ㊦/好機/脱『消耗戦』で活性化」が出ています。
このシリーズは、井崎圭記者、野村大輔記者の担当でした。

記事は「十八銀行の上場廃止で、長崎県は全国で唯一上場企業がゼロになる。銀行統合は『成長力の乏しさの象徴』と地元経済界から自嘲の声が漏れるが、41歳の公認会計士は『これからは伸びしろだけ、とも言える」と笑い飛ばす。長崎市内で若手経営者の交流会を企画した50歳の異業種グループの代表幹事は『経営者も銀行と同時進行で変わらねば』と力説する。FFG傘下の新銀行が目指すのは『地方金融機関本来のあり方』でもある」という内容です。

投稿: 桔梗 | 2019年3月15日 (金) 16:33

今日3月14日(木)の西日本新聞の24面に「統一地方選に向けて/有権者に具体的約束を」が出ています。
前田隆夫記者の記事です。

同じく25面に「2019統一地方選・長崎/県議さん、一般質問はされましたか?/平均4.1回、最多8でゼロも」が出ています。
野村大輔記者の記事です。

同じく30面に「十八銀、27日上場廃止」が出ています。
記事によると「福岡証券取引所は13日、長崎県地盤の十八銀行を今月27日付で上場廃止にすると発表した。重複して上場している東京証券取引所も27日付で上場廃止となる。十八銀行が、東京1部の『ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)』と4月1日に株式交換により経営統合し、完全子会社としてFFGの傘下に入るため」です。

同じ30面に「鼓動◎FFG・十八銀統合へ㊥/役割/お金より大切なこと」が出ています。

記事によると「スナックで十八銀行の支店長に紹介され新事業の融資を受けたジャパネットたかたの創業者は『やるきがあっても、さまざまな悩みを抱えている人は多い。悩みの解決は融資や金利より尊い。それができた金融機関が一番強い』と語る」そうです。

投稿: 桔梗 | 2019年3月14日 (木) 12:14

今日3月13日(水)の読売新聞の35面に「統一選2019/告示まで1か月/長崎市長選5氏名乗り/大型公共事業に反発/批判票分散の可能性」が出ています。
牟田口洸介記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2019年3月13日 (水) 20:29

今日3月13日(水)の西日本新聞の1面と30面に「鼓動◎FFG・十八銀統合へ㊤/ライバル行の社章胸に/融和/横じゃない上を見ろ」が出ています。
井崎圭記者、野村大輔記者の担当です。

投稿: 桔梗 | 2019年3月13日 (水) 19:42

今日3月13日(水)の長崎新聞の8面に「県内景況マイナス続く/企業・1〜3月期/人手不足も悪化」が出ています。
後藤敦記者の記事です。

同じく9面に「新会長に宮脇氏/長崎MICE誘致推進協」が出ています。
田賀農謙龍記者の記事です。

同じく12面に「長崎市議会」関係の記事が出ています。
宮本祥太記者、田賀農謙龍記者の記事です。

同じく24面に「迫る県議選──平成最後の戦い■1■/長崎市区(定数14)/地盤重なり局地戦激化」が「立候補予定者」の表付きで出ています。
まとめ・久保景吾記者の記事です。

同じ24面に「記者の目/人口減見越した対策を/内海宏一(報道部)」が出ています。

投稿: 桔梗 | 2019年3月13日 (水) 19:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安心して出産を。一丁目一番地に到達! | トップページ | 企業誘致のインセンティブ見直しを »