« 2019年7月 | トップページ

2019年8月

2019年8月22日 (木)

本県における日韓関係の影響は

   論説を含め連日日韓関係に関する様々な報道があっていますが、昨夕は韓国からの旅行客が前年同月比7.6%の減との報道があり、今日の新聞にも同様なな記事が。
 本県においては釜山~対馬航路も全休になったとの報道も数日前にあっており、確かに今月初め厳原での祭りは通信使行列こそ規模を縮小して行うことができましたが、韓国からの観光客はほとんどおらず免税店も開店休業状態でした。影響と対策(今後の取り組み)について来月9日開会の9月定例議会における個人質問のなかでも取り上げてみたいと思っています。
 韓国に限らずインバウンドはいわゆる「水もの」、そこに頼るのであれば臨機応変のスピーディーな対応と先を見越した取り組みも必要かと…少し大きな視点で質疑を行えるようこれから準備します。

   一年に一度の個人質問は9月13日11時からの予定です。
 今回は自民党県連政調会長という役職がついての登壇になるので、これまでの個人的視点からの質疑項目ではなく県政全般のなかでの質疑になるよう、そのなかでいかにマエテツ色をだせるか…1時間じゃ全然足りません(笑)

| | コメント (0)

2019年8月21日 (水)

長崎市中心部交通結節等検討会議

   タイトルの会議が昨日行われました。

   長崎駅前の再開発に伴い新駅舎から公共交通機関につながる国道迄の歩行距離が長いこと、国道の歩行者横断が立体横断のままで電停迄の導線が十分バリアフリー化されないこと等、多くの課題があります。
 また松ヶ枝埠頭も2バース化を目指すなかで現況においても公共交通への結節が悪いこと、観光都市長崎、「観光産業を基幹産業とする」方向性のなかではあまりに脆弱な交通結節について、今まさに「100年に一度」の大規模な再開発が行われています。
 「あの時将来を見越してしっかりと計画すればよかった」と後悔せぬよう、また都市の浮揚(地方創生)のためには今こそ知恵を結集すべきということで、国の助言(方向性の示唆)もあり今般現計画を見直すことになりました。

 開発が進むなかで同時並行した作業となり計画の見直しも期限(今年度末)が設定され、財源確保の担保も含めて大変な難しい検討作業となると思いますが、県市の奮起に期待し党としてもしっかり検討状況を確認しながら地元の意向も含めて積極的に関わっていきます。

| | コメント (0)

2019年8月20日 (火)

時間がないからこそ丁寧に

   今日は寝坊し5時40分起き。慌てて走りに出るも雨で走れずでしたがラジオ体操は公民館で。
 夏休みに入り地元自治会のラジオ体操に参加していますが、その前にランを済ませるには5時半発がギリギリですが、時間が決められていることは私にとっては結構大変です。(ラジオ体操後は日差しが強いことと、多くの方の出勤時間に走ることになるため)。

   昨日は新幹線建設推進実行委員会に新幹線議連会長代理で出席しました。
 国交省に対して「指導力を発揮してほしい」旨の要望をすることを了承しましたが、佐賀県知事は政府与党プロジェクト検討委員会の委員長とも「国としての面談ではないから会わない」というような理由で面会を拒否しているとのこと。そうであるならばやはり手順としてはPTでの「フル規格での整備方針」を次のステップの自民党政調での決定~政府としての決定というプロセスを早くクリアーし、国交省が国の決定としてお願いに来たという環境をつくらねばです。
 そのためにPT所属の地元国会議員はあらゆる努力をされておられるので、ここは連携をとった慎重かつ丁寧な取り組みが求められます。上記のような内容の発言を昨日代理ではありましたが意見し、委員長からは「そこも踏まえて対応する」との言質をとりつけました。アセス調査費の概算予算計上について時間が迫ってきていますが、これまでの取り組みを踏まえるとフロントでの交渉はPT選出国会議員に託し連携をとった取り組みに徹することが肝要です。

 今日は政調会も開催します。6月に会長に就任してから個別の対応はとっていましたが、政調会としての取り組みについての副会長との認識の共有は参議選もあり話し合う時間がとれていませんでした。県政発展のため何をすべきか、しっかり議論したいと思っています。一つずつ確実に。また午後には駅前交通結節検討会議にも。この件は明日報告をいたします。

| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

休み明け

   今年のお盆は曜日の関係で一日休みをとれば長い方で9連休の方もいたと聞きます。皆さんどのように過ごされましたか?

   私は14日まで初盆廻りをさせてもらい15日は戦没者慰霊式典、16日は普通に仕事をしやっと土日で一休みでき、昨日は久しぶりに伊王島まで23キロラン(ぐたぐたでした)、夜は蒔本前医師会長の叙勲の祝賀会に出席させて頂きました。

   早速今日は新幹線議連会長代理として経済界等各界の出席のもと協議会に出席します。PTがフル規格を示した後初の会合となります。行政と一体となって佐賀県に理解を求め、県選出の国会議員のお力のもと、アセスの調査費の予算計上に全力を傾注せねばです。そのために役割分担のもとできることをしっかりやる!という姿勢で臨みたいと思います。

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

安心して子どもを産む環境整備課題の一つが完了

0801_20190808142501

 先週初めの記事ですが、前任期からの取り組みが一つ結実しました。これで県南地区においては「どうか安心して子どもを産んでください」と言える環境整備が大きく前進、整いました。よかったです。

 朝鮮通信使の関係で日曜日、対馬を訪問しました。今年5月に釜山で行われた朝鮮通信使祭りに出席させて頂きその際意見交換できた数名の釜山市議の方が復元船とともに対馬を訪問するとのことで再会することで話していたのですが、残念ながら現在の日韓情勢を踏まえ復元船含めて交流事業は中止と一旦なりました。ただその後に文化財団より「両国の情勢がそうであっても文化交流は継続すべき」との釜山市長への要望のなかで、最小限の規模での実施が許可され結果50人ほどの方が来県され島の人との交流が育まれたところです。私も地方レベルでの交流は続けていくべきだと思いそのようななかで釜山市議会の方とはお会いできませんでしたが訪問してきたところです。そして戻り月曜日、翌日からの上京しての各種要望活動が台風の影響で飛行機が飛ばないかもしれないとのことで急遽、陸路新幹線で7時間かけて上京し一昨日昨日と関係各所を廻ってきました。

 

 

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ