« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月26日 (木)

県庁舎跡地発掘調査について

 本会議の個人質問では6月議会の議論も踏まえ、跡地整備については
「ホール」
「広場」
「おもてなし交流施設」
という3つの基本的な機能は認めつつも、その3つに限定しない慎重な検討を行うことを確認し「基本構想策定予算」を認めたことを再度公な場で確認がなされましたが、昨日の委員会では「県庁跡地を考える会」の方を参考人に招き発掘調査について集中審査をしました。

 会の方からは
①前提(開発行為ありきの調査になっていないか)
②発掘調査の対象範囲
③調査の仕方
④工期
について県の調査計画案と自分達には隔たりがあるとのことでの要望が4人の参考人の方からこの地のもつ「歴史的な重要性」の説明も含め意見がなされました。
 後に参考人に対する質疑、理事者の説明を受けての理事者への質疑を行いましたが、教育委員会からは
「予断を持たずしっかりと発掘調査を行う」
「途中の課程(プロセス)を県民の公開する」
「遺構がでてきた場合は特化した専門家も交えその後の対応について協議を行う」
等、きちんと臨む旨の答弁がなされました。
ただひとつだけ「仮に遺構がでてきた場合については一度立ち止まり現在の整備案も見直しを意見する」という趣旨の要望については「整備について私たちは意見する立場にない」という姿勢を貫かれたのでこの点について私は異論を唱えました。

 いずれにしても来月から3ケ月かけての基礎調査に注目です。

| | コメント (0)

2019年9月24日 (火)

今日から委員会審査

   県議会は今日から委員会審査です。明日は関心をもって臨んでいる県庁跡地発掘調査で参考人を呼んでの集中審査も行われます。

   今年は台風による災害の多い年となりました。私も夏の時は政調会として災害調査に行きましたが、今は議会開催中でままならず、そんななか今日は加藤副大臣が諫早・島原の県央地区を明日は金子参議が松浦を中心とする県北地域の災害調査に行かれます。迅速な対応に感謝です。

   災害支援者名簿が自治会や消防団等への情報提供が進んでいないことを今回の質疑で確認しました。情報提供の促進に県下の自治体と再度協議するとの答弁が得られました。ことは人命に関わることであり早期に、できれば今年度内に完了するように質問後もしっかりと追いかけていきます。

今週は月曜が休みでしたので一日少なく~今週も仕事にアフター5に充実を!

 

| | コメント (0)

2019年9月22日 (日)

新幹線はツール

   個人質疑のなかで新幹線の質疑は、既に私の前に行った自民党の先輩県議も質疑していたので視点を変えて質疑。

「本県は佐賀県とともに今後地方の勝ち残りをかけて西九州全体の活性化のために連携をとって取り組んでいかねばならないと思う。新幹線は活性化のための手段(ツール)である。そういう考えにたった時今まで以上に各分野において佐賀県と連携をとっていくべきではないか」の質疑に対して答弁は「H27年に連携協定を結んで4分野について連携して取り組んできた。議員指摘の通り今取り組んでいる分野以外でも連携した取り組みが必要であると認識しており先日連携会議においてその旨提案したが、佐賀県は当分の間、今の連携の枠組み内で取り組みたいとの意向であった」と。やはり新幹線問題が…だからこそだと思うのですが。情勢は膠着状態のまま。本県選出PTの国会議員もあらゆるルートを通じ、また国に対して働きかけをして頂いており感謝に堪えませんが、まずは国からの4者協議(国、長崎県、佐賀県、JR九州)の打診に佐賀県がどう対応するのか近日中に明らかになります。県民の認識共有のための取り組み、ならびに開通後の県下各自治体の活性化向けた取り組み(アクションプラン)につちえもその進ちょくについて質疑を行いました。

 

| | コメント (0)

2019年9月21日 (土)

国連機関誘致

   個人質問終わって二日休会日があり、その間に春先から進めている「屋台村」の打ち合わせ(沖縄屋台村スタッフとコラボしての元船地区での村構想)と先の個人質問で知事より「意義深い。研究したい」の前向きな答弁得て、早速来月初めに「国連機関誘致準備会」のセットと呼びかけを行いました。どちらもお楽しみに!

   台風接近のなかどうか皆さんお気をつけて連休をお過しくださいませ。

| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

9月議会個人質問終わりました

09192 09191

   先週金曜日から始まった個人質問は昨日3日目4人の質疑を行い本議会での12人の質疑が終わりました。

   私は初日の2番手で質疑。自民党では年4回の議会で幹事長、政調会長、総務会長、議員団会長が順繰りで代表質問的な質疑を行うという慣例があります(現在会派が二つに別れていますので慣例も薄れがちですが)。
今回の質疑ではこれまでの「個人の関心事・追及事」や「個人の主張・思い」をセーブし、党の代表という気持ちを持って質疑に臨みました。

通告した項目は以下、

1、財政見通しについて
2、人口減少対策について
3、県政の懸案課題について
①新幹線のめざすもの、長崎駅周辺開発
②県庁跡地活用について
③松が枝2バース延伸について
4、産業振興について
5、医療福祉、教育行政の課題認識について
6、防災減災対策について
7、国連機関の誘致について

   明日以降、主だった項目について質疑のやりとりをご報告させて頂きます。来週から委員会審査で今日明日は休会。てんこ盛りの委員会資料等にしっかり目を通さねばです。

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »