お知らせ

2010年6月13日 (日)

生まれ変わりました

 昨日はプラチナライト新里浦上の内覧会に行ってきました。随分と存続運動で頑張った厚生年金会館のリニューアルです。ホテル業として存続はしませんでしたが医療福祉施設として生まれ変わりました。

 外から見た建物はそのままですが、中はフロアーによっては中の柱も取り除き大改造しています。まず5F、6Fは下の写真のような住宅型有料老人ホーム(44部屋)になっています。家賃は食事も込みで15万弱となっているとのこと。食事は共用のフロアーで行いますが同施設内にある病院の食事と一緒の献立ですから栄養やカロリー計算などしっかりされています。またその下の写真のように24時間スタッフが常駐しています。高齢化が進み、またひとり暮らしの高齢者が市内には2万人いると推定されます。このような有料老人ホームのニーズはこれからも増えていくんだと思います。気になったのは月の金額。年金生活者には少し厳しい金額かもです。私の知り合いのドクターが以前7〜8万で入居できるホームをつくりたいと言っていたのを思いだしました。

生まれ変わりました

生まれ変わりました
 
 4Fは入院・介護療養型老人保健施設になっています。そして、下の写真がこの施設の一番の特徴である2Fの透析室です(85床)ここでは写真奥(ついたてのみえるところ)でコンピュター制御がされており、私はよく知らなかったのですが、透析時の面倒な記述手続きや看護師の機械操作が大幅に省かれるそうです。そしてなにより、透析患者さんにとって喜ばれるのはこの施設の立地、公共交通機関の充実した場所なので、たとえば仕事帰りに透析して帰りが21時過ぎぐらいになっても公共交通で帰宅することが可能です。北部に住まれている患者さんにとっては朗報でしょう。

生まれ変わりました

 1Fは内科、整形外科、リハビリ、デイケアとなっています。リハビリの場所は以前のトレーニング室をそのまま。

生まれ変わりました

 施設1Fのロビーも若干以前の厚生年金会館を思い出されますが、内覧で見た際に建物内で唯一以前の面影が残っていたのは2Fの会議室になっている下の写真。ちょうど2階にあがり宴会場の行く通路のところがこのように以前まま残っていました。

 会館の移譲後一抹の寂しさもありましたが、内覧会で生まれ変わった施設を見て、これから医療福祉施設として市民の安心安全の場所になるんだと実感され、これからも頑張ってほしいなと思いました。余談ですがこういう姿をみると本市の公共施設も耐震の問題さえクリアーすればリニューアルできる施設が沢山あると思います。活用促進せねばです。

生まれ変わりました

| | コメント (0)

2010年6月10日 (木)

夏だ、キャンプだ!

海フェスタ

 先日外海の筏の写真をご紹介しましたが、海フェスタ(7/17〜8/1)関連イベントのひとつに市と青年協会主催の青少年キャンプがあります(写真)
 毎年の青年協会の定番行事かつ力をいれた行事ですが、今回は海フェスにからめて(予算をもらい)五島にてキャンプを行います。海水浴やバナナボート、シーカヤック、五島うどんづくり、地引き網体験とイベント盛りだくさんで、もちろん地元の子どもとの交流もあります。私も協会在籍時は担当委員長として伊王島に100人の子どもを連れて行った記憶があります。子ども達にとってはいい経験〜思い出になると思いますので是非対象となるお子さん(小3〜小6)がおられる方は奮ってご応募ください。詳細は今月号の広報ながさきをご覧になってください。ちなみにわが長男も申し込ませます。

 さて、新内閣の支持率すごいですね。なんか、政権を失った昨夏の衆議選に続き、選挙で2度負けた気分です。しかし、不思議に思うのは何もしていないのにこれほどV字回復する世論というのはなんなんですかね?負け惜しみに聞こえるでしょうから(実際そうです)これ以上書きませんが、政治とカネ問題に正面から臨めるか否か(小沢氏の証人喚問、政治倫理審査の開催要求に応じれるか)、政策の見直しを行えるか否か、労組依存政党&その代表選手である仙谷官房長官のもと公務員改革が行えるか否か、しばらくの間注視してみたいと思っています。

 議会は今日まで休会ですが、今議会で耐震の関係で請願を一本だすべく今準備を進めています。明日から個人質問が始まります。

PS 青年協会といえば2000年の日蘭オランダ年から10年経つので、青年協会でこれまた私も参加したオランダに連れて行った子ども達の10年目の同窓会をやろうという話がでてきています。OBも頑張っています。

| | コメント (1)

2010年5月30日 (日)

5月も終わり

 いよいよ5月も残すところ1日。外は夏の気配さえ感じる晴天です。

 今日は先週日曜日予定だったのが延期になった小学校含めて2つの小学校の運動会を覗かせてもらいました。元気な子ども達の姿をみるにつけ、この子達のためにも今私達大人が頑張らねばという気持ちを強くもったところです。先輩や後輩、同級生と色々な方にもお会いできました。

 さて、今週火曜は「くんち小屋入り」です。私も今年初めて踊町側の身(銅座町 南蛮船〜役員として)で初経験します。光栄なことです。当日はこれも初で紋付袴を着ます。今から楽しみにしていますが当日は以下のような一日の予定となっています。

7時     銅座町自治会事務所集合(袴の着付けは6時から)
7時15分  銅座町出発(思った以上に早い出発時間です)
8時     諏訪神社 清祓い
10時30分  銅座町に帰町
14時     打ち込み出発
18時     小屋入り打ち上げ

天気もいいようです。頑張ってきます。もちろん議会も1週間前、本職も頑張ります。

| | コメント (3)

2010年5月17日 (月)

人間都市て?

人間都市て?

  晴天続きですね。今週も快晴スタートです。

 写真は昨日自治会で頂いた田上市長の市政報告会の入場整理券です。毎年1回この時期に開かれているようですが、1期目の任期最後の年度でもあり、多くの方に足を運んでもらいたいです。たぶん入場券なくても大丈夫じゃないかと思います。お尋ねは事務所にされてみてください。

 入場券見て気になっているのはタイトルサブの「人間都市の長崎へ」という言葉。私の記憶では初めて聞く言葉、市長の新語、市政推進のうえでのキーワードでしょうか?であるとするならどういう意味か聞いてみたいところです。また、毎年思うのは市政報告の入場券を直接私たち議員には頂けないことです。私は勝手に毎年伺っていますが、議会は行政と両輪と考えるなら案内頂きたいし、何枚かもらえば自分の周りにも声をかけることができるのに。いつも議会はそっちのけ…ではないでしょうがこういうところは寂しく感じるところです。

 よくみるとこれまでの会場だった市民会館文化ホールではなく、公会堂になっています。多くの皆さんがお時間お繰り合わせうえ足を運ばれることを願っています。よろしくお願いします。

 今週は議会が提案する政策条例を活発に行っている福岡市の調査も入っています。道を一歩一歩確実に歩んでいければ!です。活動しやすい季節、今週もファイトで頑張りましょう。

PS 随分と落ちてます。ここまでくると、攻勢をかけるというよりほんとに心配です↓

http://www.ntv.co.jp/yoron/201005/soku-index.html

| | コメント (0)

2009年11月 1日 (日)

リニューアルしました

 今日からHPをリニューアルしました。実に1年半ぶりのリニューアルですが、あまり欲張らず、またしっかり定期的に更新できるよう、無理のないものに変更しました。

 リニューアルした箇所は、まず「今週のまえてつ」をトップページで見れるようにし、新しく「じげもんアンケート」のコーナーをつくりました。第1回はオリンピック招致について。皆さん、ぜひご協力ください。
 「市政エトセトラ」は私が知り得た市政の情報で皆さんにもお伝えしたいものや、本市の課題や問題点等についての私の考えをこまめに伝えていければと思っています。これは前回もコーナーを設けながら出来ていなかったところなのでしっかりと取り組みます。また、私の今期の本会議での個人質問もクリックにより市議会のHPから見ることができますので是非ご覧になってください。

 なにごともそうですが、物事新しくなったり、区切りの時は気持ちが晴れやかになるものです。今月もはりきって活動します。

PS HPリニューアルしてくれたTさん、ありがとう。いつも「あてにしてます」(笑)これからもよろしくです。

| | コメント (0)

2009年10月30日 (金)

お知らせ

 今日はお知らせを二つ。
ひとつは明日、外海で今年で4回目を数える「大中尾棚田火祭り」が行われます。棚田100選にも選ばれている大中尾の棚田に約5000本の竹筒を立て午後5時半にその竹筒に一斉に火を灯すそうですが、とにかく幻想的な美しい光景だそうです。私は申し訳ないのですが、この行事をつい数ケ月前まで知らずに地元での別の会議の折りに話題にあがり知ったところです。棚田保全組合の方達が主催ですが、一斉に火を灯すのが大変らしく、皆さんポイントを決め分担し火を持って走って火をつけて廻るそうです。駐車場は混雑するため神浦河川公園から無料シャトルバスがでます。お時間のある方は是非行ってみてください。

 もうひとつは昨日知人からご案内頂いたのですが、今、長崎歴史博物館に石井高(たかし)さんというヴァイオリンの製作者の方がみえてます。ご出身は兵庫県の方ですがイタリアのバイオリン製作学校に入学し、バイオリンの製作の他、演奏や講演会を行っており、本県とは天正遣欧使節がヨーロッパから日本に持ち帰ったとされる楽器の復元を行ってからの交流があるとのこと(現在、その復元された楽器は歴博に所蔵)で、今回は11月3日までヴァイオリン工房を開いているそうです。そこで1日の午後1時半から第一部「阿蘭陀とNIPPON展基調講演」、3時半から第2部として「演奏会」のイベントがあります。なかなか皆さんに広報ができていないということで案内がありましたので、興味あられる方はよろしければ足を運ばれてみてください(入場無料)そういう私自身は当日はバザーの手伝いで行けそうにないのですが…また、期間中、ヴァイオリンの無料修理も行われてます。これは申込締め切りが今日30日迄となっていますのでご自宅でヴァイオリンをお持ちの方、私の周りにはいませんが、修理を求められる方はご連絡されてみてください。歴博に問い合わせればいいかと思います。

 お知らせ、二本でしたが、秋は行事事一杯です。昨日は会派の政策要望をしましたが、その折り市長よりオリンピックについて招致に到る経過への理解を求める話がありましたので、この際と思い私が「議会にいつ、どのようにして諮り議論できるのか?」と尋ねさせてもらったところ、市長より「今議論しても財源や施設など既存の考え方での議論しかできない。なので今早急に議論のたたきとなる案を作成しているところなのでそれが出来上がった時期に議論させてもらいたい」と回答がありました。それ以上は議論する時間もまたそういう場でもなかったので発言はしませんでしたが、市長が言われる「たたき案」を待ちたい思います。政策要望については、昨日は提出しただけなのでそれについてはもちろん回答はあっておりません。これも回答待ちですし、国の予算編成の状況次第では追加があることも昨日申し入れの時点で話しています。要望した内容は後日アップできればと思っています。金曜ですね、疲れ気味でもありますが今日一日しっかり仕事します。

| | コメント (0)